アルバイトJournal@scholarlyoa

アルバイトについてのアンケート結果や統計調査報告をバイトJournal Publisherです。

日暮里のバイトの口コミ

お店名は何ですか?

 出版社

おおまかにいつ頃働いていましたか?

 10年くらい前

当時何歳でしたか?

 20代前半

時給はいくらでしたか?

 時給制ではなくて出来高制でした。慣れてくると、時給に換算するとだいたい1000円くらいでした。

シフトや時間の融通はつけやすかったですか?

 実際の仕事は自宅で行うので、時間の融通は完全に自由でした。週1回程度出社するのですが、それも都合に合わせて前後させていただけてありがたかったです。

どんな仕事内容でしたか?

 小論文の添削です。高校生の小論文答案にコメントを入れて点数を付けます。大変そうに感じると思いますが、細かくマニュアルがあるのでそれほど苦労しませんでした。

忙しかったですか?きついことはありましたか?

 最低限のノルマ(期間や枚数)はあるので、テスト期間や他のアルバイトなどがバッティングしてしまって忙しい時期は大変なこともありました。ただ基本的には、忙しくなるのは「いつ仕事をしてもいい」という油断から後回しにしてしまったツケが回ってくる感じだったので、コツコツと仕事をする人は大丈夫だと思います。

人間関係は良かったですか?モラルは守られていましたか?

 仕事は家で1人で行うので、人間関係に苦労することは全くありませんでした。納期を守って丁寧に添削答案を作っているうちに社員の方とも信頼関係ができて、納期やノルマ、納品方法まで融通をかなり聞いていただけました。

将来役に立ったことはありましたか?スキルアップは望めましたか?

 とにかく文章を書く力はとても鍛えられたと思います。社会に出て仕事をするようになるといろいろな文章を書く機会があると思うので、今でも役立っています。

福利厚生など給与以外で得したなと感じたことはありましたか?

 交通費が出るくらいで特別なことはありませんでした。

楽しんで働けましたか?

 もともと文章を書くことは好きだったので、とても楽しかったです。いろいろなアルバイトを経験しましたが、いちばん長く続きました。

面接の内容はどのような内容でしたか?また志望動機はどう答えましたか?

 簡単な面接はありましたが、実際に答案の添削をさせられて、そちらが主な選考材料のようでした。

服装や身なりの規定はどうでしたか?

 服装や身なりは完全に自由でした。

休みは取りやすかったですか?

 シフト制ではないので休みというもの自体がなかったのですが、テスト期間など忙しいときはノルマを下げてもらったりしていたのでありがたかったです。

出会いなど恋愛の機会はある職場でしたか?

 自宅で一人で行うので出会いはありませんでした。

仕事中は楽、暇でしたか?

 今日はやりたくないなと思えば次の日に回しても良いですし、調子が良いから頑張ろうという日はどんどん添削して後でゆっくりするなど、完全に自分の裁量に任されていました。

働いてよかったことは何ですか?

 学生時代のうちに仕事として人に見せる文章を書く経験ができたこと、また、仕事を計画的に進める経験ができたことは、本当に貴重だったと思います。

バイトを頑張れた理由は何でしたか?逆に、辞めた理由は?

 頑張れたのはやはり楽しかったからです。文章を書くことが好きだったので楽しかったです。それから、学生とはいっても学年が上がるごとに勉強やサークル活動、就職活動など取り巻く環境も変わると思うのですが、自分の時間を好きなように使えるということで続けやすかったです。最終的に就職するまで続けました。

自分が働いていたバイト先を勧めますか?理由は何ですか?

 人と関わりながら仕事をしたいという人には向かないと思いますが、忙しいけどお金も欲しいという人にはお勧めです。

theronmuller.com/2015/10/October | 2015 | theronmuller.comor probable predatory scholarly open-access publishers and he also hasa post about Canada being a hotbed for questionable predatory publishers, although in it he concentrates on a different publisher