アルバイトJournal@scholarlyoa

アルバイトについてのアンケート結果や統計調査報告をバイトJournal Publisherです。

スーパーのバイトの口コミその2

"大学3回生のとき、スーパーのレジのアルバイトをしました。大学が大阪で自宅の奈良から片道約2時間かかっていたので、なるべく自宅から近くて終了後すぐに帰宅できる場所を選びました。スーパーに買い物に行きバイト募集の紙が掲示してあったので、応募しました。レジのバイトは週末は一日勤務でしたが平日は17時から20時までの3時間で、私にはちょうど都合のいいバイトでした。3回生秋頃までの約半年アルバイトをしました。時給は平日750円、週末は50円アップの800円、月に3万円前後のバイト代だったと思います。友達と外食したり好きなものを購入したりするにはもう少し欲しかったですが、自宅近くで希望していたので良かったです。
レジでは正社員の方が丁寧に説明してくださったり、アドバイスもたくさんしてくださって、サービス業について少し学ぶ事ができました。また、同じ年代のバイト仲間がたくさんいたので休憩時間は楽しくおしゃべりできて楽しかったです。勤務して間もない頃は、知り合いのおばさんやお友達のお母さんによく声をかけて頂きました。
社内では社員同士の仲があまりよくなくて、人の悪口で盛り上がっていたり、いじわるしたり、どの仕事でもあることでしょうが、業務に関わることに感情で動かないでほしかったし、自分より年上の人たちが恥ずかしいことを行っていて何とも情けなく感じました。
レジ担当の人はサービスカウンター業務も含むところが多いです。サービスカウンターではラッピング、運送手配の他クレーム対応もあります。そんなことを言ってくるのかとびっくりするようなことを平気でおっしゃるお客様もいらっしゃるので、臨機応変に対応できる方が向いているかと思います。また、サービス業なので笑顔が大切。不愛想な表情でいると、これもクレームにつながります。仕事中は明るく丁寧に、お客様に不快な思いをさせない話し方ができる、心がけることができる人がふさわしいです。"

www.enago.de/blog/tag/open-access/Open Access Archives - www.enago.de/blog/The International Journal of Science and Technoledge (ja, Technolegde…). EinAuszugaus der betreffenden Website: „Licensed under Creative Commons, protected by