アルバイトJournal@scholarlyoa

アルバイトについてのアンケート結果や統計調査報告をバイトJournal Publisherです。

短期のバイトの口コミその7

"結婚して生活が落ち着いた二十代後半に、大学での事務作業を10日間行いました。
勤務地は東京都、仕事内容は主に学生へのお手紙の封入と、資料のコピーでした。単純にすべて同じものを封入するのではないので、いくつかのパターンを覚えるまでに少し時間を要するのと、集中して作業を行わないといけませんでした。資料のコピーは、何千という数をこなしますので、コピーしている間は基本的にぼんやりしています。紙やインクが切れたら補充するだけです。応募したきっかけは、当時は専業主婦でアルバイトを探していたのですが、いきなり長期で仕事に就くことに心配があり、短期で体を慣らしておこうと思ったからです。マイナビバイトで探しました。周りの人はとても落ち着いた素敵な方ばかりで、仕事環境としては最高でした。女性が多い職場でしたが非常にサバサバとして風通しがよかったです。時給は1000円で、一日6時間でしたので10日で6万円でした。良かったところは、人と接することが少ない単純作業ばかりだったので落ち着いて仕事ができたことです。また、大学での仕事なのでおいしい学食が安く食べられて幸せでした。悪かったところは、とくにないのですが交通費がでなかったところでしょうか。しかし、家から遠くなかったので気にはなりませんでした。一人静かな部屋で単純作業を淡々とこなせる人には、大変向いている仕事だと思います。一方、人と接することが好きな人や、飽き性な人は、寂しいと感じるかもしれません。"

jipsti.jst.go.jp/johokanri/sti_updates/?id=7122Beall氏、「偽メトリクス」会社を発表 | 科学技術情報プラットフォームMisleading Metrics: A New List on This Blog– Scholarly Open Access 2014/3/20