アルバイトJournal@scholarlyoa

アルバイトについてのアンケート結果や統計調査報告をバイトJournal Publisherです。

短期のバイトの口コミその10

"働いていたのは大学1年生の年末年始の短期のバイトでした。働いた期間は10日間です。(12月27日~1月5日)3仕事内容、京都のビジネスホテルの調理場の皿洗いでした。応募したきっかけは、年末年始のアルバイトの定番ということを先輩から聞き、バイト雑誌で応募しました。働いている周りの人は大学生がほとんどでした。時給750円×9時間×10日間でした。良かった点は、他の大学の方と知り合うことが出来たこと、残った料理を頂けること、特に宴会終わりのお寿司は毎日のように頂いた。賄いのほかにおまけのように頂けるのは大学生にとっては、うれしい限りです。悪かった点は、上司に外国人がやたらと多くて、特に中国人や韓国人が、殴り合いのけんかをしている現場に何回か遭遇し、止めに入ることがあった。それでも、仕事中ののしり合いがつづき大変迷惑だった。また、皿洗いのお湯の温度が熱く、常にやけどとの戦いだった。調理場の皿洗いの上司と人事部の担当者は仲が悪いらしく、アルバイトの目の前でけんかを始めたこともしばしばあった。年末年始で忙しいからか、いつもなのかは分からないが、複雑な人間関係があるのだと思った。アドバイスとしては、短期のバイトで立場は低いので、我慢することが多い。結局は上司次第である。時の運ともいえよう。アルバイトを奴隷のようにしか考えていない上司も多いので、そういう人に当たった場合は要注意です。私は、容赦なく、人事部に通報していました。泣き寝入りする必要はないと思います。"

www.lsuhsc.edu/library/news/?tag=scholarly-publishingscholarly publishing – Libraries News• Mimicking the name or web site style ofmore established journals.