アルバイトJournal@scholarlyoa

アルバイトについてのアンケート結果や統計調査報告をバイトJournal Publisherです。

春休みのバイトの口コミその4

"20歳くらいのとき、チラシ配りのアルバイトをしたことがあります。
それまでも週3、4日ファーストフード店で働いていましたが、学費に加え、生活費にもっと余裕が欲しかったため、週1、2回のペースで軽く働けるアルバイトを、と考えていました。
ちょうど通っていた専門学校も春休みに入ったため、空いた時間に軽く働けるチラシ配りはうってつけの仕事でした。
自宅の郵便受けに入っていた不動産業者のDMチラシで募集を知ったのですが、最初は少し不安がありました。
100枚、200枚も歩いて配るなんて結構大変じゃないのかな、方向音痴だから道に迷ったらどうしよう、雨降ったら最悪だな・・・などなど。
ただ、そんな不安も実際働いてみると杞憂だったことが分かりました。
アルバイトの初日、私の他にも同じく新人さんとして一人は制服を着た女子高校生、もう一人は40代くらいの主婦の方がいました。
男性ばかりだと思っていたので、少しホッとしました。
担当者は白いワイシャツに黒ズボンのいかにも営業風のさわやかな男性。
事務所からみんなで車に乗って一軒家の建ち並ぶ住宅街に移動し、そこで地図とペンを渡されました。
丁寧に説明を受け、一人一人に配る範囲が割り振られました。
担当者の方もだいぶ慣れている様子で、私たちに「急がなくてもゆっくりで大丈夫です。そんなに気合い入れてやるような仕事ではないので」と言われたので、ホッとしたような空気が流れました。
そしていざ、仕事開始。
専用の黒いカバンにつめた数百枚単位のチラシはやはり重く感じましたが、反面やりがいも感じました。
一件、そして次の一件とぎこちなくチラシを投函していきます。
たまに、郵便受けがどこにあるか分からなかったり、あっても開け方が分からなかったりと行ったことがありましたが、事前にそういう場合もあると担当者の方から聞いていたので、言われたとおりスルーしました。
その日は日曜で、しかも午前中だったので自宅前で住人に出くわすことも多く、「怒られたりしないかな」とドキドキしながら挨拶しました。
幸い、快くチラシを受け取ってくれる方が多かったのでホッとしました。
そんな調子で午前中の3時間の仕事を終えました。
途中、他のアルバイトさんとの担当範囲の境目を間違えて、同じ家に2枚配ってしまうというハプニングもありましたが、終わってみると達成感があり、楽しかったと感じました。
最初の1週間は筋肉痛にもなりましたが、運動不足でなまった体にはちょうどよかったかもしれません。
春休みが終わるまで3週間ほど続け、チラシ1枚○円という計算で、2万円ほどが後に振り込まれました。
チラシ配りは難しい仕事ではなく、それこそ空いた時間さえあれば誰でもできる仕事なので、お小遣い程度に稼ぎたいという方にはピッタリの仕事だと思います。
私にとって未経験の分野でのアルバイトでしたが、今は懐かしい思い出として記憶に残っています。"

eusa-riddled.blogspot.com/2015/01/we-read-latest-venereal-journals.htmlRiddled: We read the latest venereal journals Flicked through some catalogues of fearare recycled from another scam,the identity-stolen version of the journal Sylwan. As for the text on the website, most of