アルバイトJournal@scholarlyoa

アルバイトについてのアンケート結果や統計調査報告をバイトJournal Publisherです。

高校生、大学生のバイトの口コミその1

私が日雇いのアルバイトを始めたのは大学1年生の夏休みです。夏休みに学校の友達と旅行に行くことになり、急遽お金が必要になった為、日雇いバイトを始めました。そこで、私が申し込んだ会社は「ジェイウイング」というイベント関係の会社です。後日、池袋で登録会があり、仕事内容や給料形態の説明がありました。私の他にも5人ほど登録会に来ており、いずれも大学生と見られる方達でした。その会社では、仕事の案件がメールで募集され、各自好きな案件に申し込む、という形でした。まず私が申し込んだ仕事は、舞台の仕込み作業です。仕事内容は、舞台の骨組みを作る際の補助、舞台の装飾品作成の補助などです。基本的に日雇いの仕事であるので、職場の人は毎回異なります。しかし、僕の経験上「日雇いの主」なる、その仕事で生計を立てているベテランアルバイトも何人か存在します。仕事は、手順を覚えてしまえば簡単な作業ですが、始めは「上手」、「下手」など、舞台設営の専門用語も登場します。基本的に、一緒に仕事をするのは気性が荒い「職人さん」ですので、指示の意味が分からずにオロオロしていると、容赦無く怒鳴られます。それに加え、ベテランアルバイトからの嫌味も常に言われます。体力的にも、精神的にも削られる仕事であると思います。その上残念なことに、得られる賃金は他のアルバイトと対して変わりません。誰にでも、この仕事はおすすめできませんが、仕事は仕事、と割り切れ、なおかつ肉体労働が可能である人であれば、可能でしょう。このアルバイトをしている大半の人は、肉体労働しかできないような無能人です。高校生は勿論、大学生の人達は、他の仕事を選んだ方が賢明です。しかし、社会の広さを知るための「経験」としては、価値のある仕事であると思います。「職場の人のようになりたくない!」と思えたとすれば、この仕事をやった価値があると言えるでしょう。ですので、「お金がすぐに欲しい!」というとき、安易に日雇いバイトを選択するのは軽率です。リスクを考えて選択をするようにしてください。

stacykonkiel.org/beall-altmetrics-impact-factors/Jeffrey Beall can’t seem to get altmetrics quite right – Stacy R. Konkielunique to indices like Google Scholar. Predatory journals are alsosometimes indexed in respected databases like Scopus(though perhaps not as often as on Google Scholar). And predatory