アルバイトJournal@scholarlyoa

アルバイトについてのアンケート結果や統計調査報告をバイトJournal Publisherです。

高校生、大学生のバイトの口コミその2

"高校や大学の頃、いろいろ経験をしたことがあります。中には残念に思った仕事もありますが、選んだ職種の中では良かったと思う方が多いです。学生の頃は、休みが多いので、バイトをするには絶好の時期でもあります。場所によっては、休みに入る前に募集を開始する所もありますので、求人情報を見て興味がある仕事であれば、積極的に応募してみることです。高校生の頃やっていた場所は、マクドナルドです。自宅から近くにありましたので、応募してみることになったのです。期間としては高校三年間で、途中で受験のために辞めることになったのです。週に5日働いていて期間としては、高校一年からなので、大体2年半くらいです。なんでこの仕事を選んだかというと、接客の仕事が好きだったということと、自宅から近くにあったので、夜遅くに終わっても自宅に帰りやすいことが理由です。学生の頃、マクドナルドの店舗で働くことがお勧めのポイントとしては、同じ年の方が多く働いてることと、職場の人と仲良く仕事が出来ることです。働いていた時にコミュニケーションをもっと取っておくべきだったと反省しています。一緒に仕事をしていた人で特徴的だったのは、女性社員の方です。未熟な方に対して、丁寧に指導してくれる反面、仕事をさぼっていたりすると、きちんと叱ってくれる女性社員が心の中に残ってます。男性は、作る仕事をするのが一般的で、女性は、カウンターの仕事から始めることとなってます。仕事の出来によって、個々のネームバッヂにシールを貼ることになってるので、仕事に対するモチベーションも維持出来る職場でもあるのでおすすめです。ここでは、接客の仕方も覚えられ、仕事に対する向き合い方も学ぶことが出来るので、ここでの経験は社会に出てから非常に役に立つ仕事です。自分が好きな仕事、興味がある仕事にはどんどんチャレンジをすることで、自分の得意、不得意な仕事がわかってくるはずです。短期で探すのもいいですが、せっかくやるなら、長期的にやりたい時にぴったりな職種です。"

www.wjst.de/blog/sciencesurf/tag/failure/failure | Science Surfoutput. This may be particular true when it comes toJournal Hijacking. In brief