アルバイトJournal@scholarlyoa

アルバイトについてのアンケート結果や統計調査報告をバイトJournal Publisherです。

高校生、大学生のバイトの口コミその3

"銀座コージーコーナー鶴見店で大学1年から4年までアルバイトしていました。
ケーキ販売とレストランがありました。
私はケーキ販売の方でした。
週に4回位は入っていました。
きっかけは家から近かったのと、時給が良かったから、ケーキが好きだからです。

趣味は学業とバランスをとりながらシフトを入れました。
大まかな曜日は時間は伝えてありましたが、毎月希望を聞いてくれて、
ある程度融通がきいたので、4年間続けられました。
学校が休みの時は、12時〜22時、
学校の後の時は、16時〜22時など、
その日の予定によって細かくシフトを入れていました。
またスキーに打ち込んでいたので、冬の期間は合宿や大会が多く、
クリスマスやお正月などはあまり入れなかったのですが、
そのあたりも考慮してくれました。
他のアルバイトも沢山しましたが、一番融通がきいて、メンバーも楽しかったので、
ここのお店だけ大学4年間続けられましたのでおすすめです。

ケーキの名前を覚えるのは最初は大変かと思いましたがすぐに慣れました。
また、他にアルバイトの人も多く、社員の方が新設に教えてくれたのでよかったです。

クリスマスや夕方などはお店が混むので、バタバタと忙しく、焦ることもありましたが、慣れてくれば、焦らずにさばくことができました。

残念だったのは、店長さんが4年間の間に3回程代りましたが、こわかった店長さんもいました。
ただ売上のよい店舗でしたので、そのおかげだったのかもしれません。
職場の人はケーキ販売の方は女性ばかりでした。
高校生から中年の方までいました。
レストランの方は男性女性半々くらいでした。

つらかったのは、立ち仕事ですので、
長時間になると足が疲れていたことです。
このあたりは個人によると思います。

お客さんがあまりいないときは、進物の包装をしたり、
掃除をしたりしていました。

お店が混んでいる時に自分だけ上がる時間だと、申し訳ない気持ちでしたが、
上がる時間になると必ず店長さんが声をかけてくださったので、
ありがたかったです。"

eusa-riddled.blogspot.com/2015/09/a-marble-index-prism-and-silent-face-is.htmlRiddled: A marble index (a prism and silent face) is all very well, but if your mind is for ever voyaging through strange seas of thought, alone, it is a good idea to also take a GPS and a rescue beacon in case of getting lostacademics pay to put their manuscripts on-line and call them"peer-reviewed papers". It appears to be related to his Telemach Theorem