アルバイトJournal@scholarlyoa

アルバイトについてのアンケート結果や統計調査報告をバイトJournal Publisherです。

高校生、大学生のバイトの口コミその5

"初めてバイトしていたのは高校生の1年生からです。
最初のバイトは4年ほど頑張りました。
場所は地元の回転すし屋です。 実家からは自転車で30分ほどですが
学校の帰りに一つ前の駅で降りて歩いて通っていました。
勤務日数は平日は夕方から夜閉店前まで できる日は毎日で週末も予定がなければはいりました。

すし屋にしたのは飲食店だったらどこでもよかったのですが 昔から料理もしていたし 接客がよかったのではじめました。
今とは違い ボタンもなければ お皿の数も全てホールがやるものでした 厨房の仕込みもやるのも仕事でした。 色々なことが初めてで はいった時に包丁ですごく早くきゅうりを切っている高校生がいて びっくりしました。 最初は接客も初めてで 色々覚え 毎日仕込みをするうちに きゅうりも 切るのもとても早くなりました。 お皿の数もすごく早く数えれましたし、 動きもとても早くなりました。

職場の人は同世代の人が多く20歳くらいまでの女の人たちが働いていました。
男の子は寿司をにぎる方をやるみたいです。
社員さんもいい人で とても仲良くなりました。

同じ世代の人とは たまに陰険なこともありましたが 忍耐我慢で社員さんともはな
しながらがんばることもありました。

あと4年も頑張って昔は時給があがりませんでした。 社員さんも店長さんに交渉してくれたのですが 上がらず残念でした。

おすすめは本格的な料理ではありませんが 切ることやどうやったら要領よくできるかなど 主婦になってもつかえることですし なにより人と接することになるので とてもいいことだとおもいます。
実際そこから料理の学校にいきましたし 主婦になって接客はしていなかったのですが 最近何年かぶりに働いても 体は要領を考え 笑顔で接客したり お盆を使うことも体が覚えているものですね  私は他にも時給もよくて 工場や色々な仕事があるとおもいますが 接客は一度はやると経験できるし楽しいとおもいます。"

archivalia.hypotheses.org/4191Beall greift zur persönlichen Attacke | Archivaliahttp://scholarlyoa.com/2014/06/03/the-open-access-wars-bullies-square-off-on-library-listserv