アルバイトJournal@scholarlyoa

アルバイトについてのアンケート結果や統計調査報告をバイトJournal Publisherです。

高校生、大学生のバイトの口コミその17

"私は高校一年生の秋から二年生の年末まで、美容院の雑用のバイトをしていました。
自分の入れる日を指定して毎月シフトを組んでいましたので、平均して週3日の頻度で行っていました(入れる人は週5日入っている方もいました)。
私がこのバイトを始めた理由は、美容院へ行ってバイト先を探しているという世間話をした時でした。そこの美容院でもアルバイトを募集していて、殆ど全員初心者から始めているのでやりながら覚えればいいとのことでした。
その美容院の雰囲気や空気が好きで通っていたので親に確認し次第すぐに連絡をしました。
そのバイト先の良さは間違いなく居心地の良さだったと思います。
職場の人もバイトの人もみんなとても仲が良く、和気藹々とした空間でした。
個人的にですが、時給が高くてもバイト先を好きになれなかったり、その場の空気が自分に合わないと感じてしまうとバイトがとても憂鬱になると思います。
常連の場所でなくても何度か足を向けていいなと感じたところでのバイトが1番おすすめです。
バイト先の空気はとても素晴らしかったのですが、1つだけ残念なところをあげるとするならば、やはり時給の低さです。
低賃金としてあげられることの多いコンビニのバイト以上に低かったです。
私と同じようなシフトで飲食店で働いている子と収入を比べると月で数万の差がつくこともありました。
まずはバイトをしてみたい、慣れたいとの思いが強かったのですが、低賃金を理由に別の場所との掛け持ち等も考えました。
一緒にバイトを行う方も高校生や大学生で、裏方にいる時は仕事に支障が出ない程度での雑談等もOKでしたので、案外早く仲良くなることができました。バイト内の話ではなく、学校の話や進路の相談をする事もありました。
初めてのバイトはわからないことが多く、とても緊張すると思います。
だからこそ、友達と始めるなどの知り合いがいる状態にしたり、自分がよく足を運ぶ場所でのバイトがいいと思います。
時給ももちろんとても大切ですが行きたくないバイトでは中々長続きしないと思うので、すぐに辞めてしまっては高時給でも意味がありません。参考になれば幸いです。"

retractionwatch.com/2014/08/02/weekend-reads-dope-addicted-doctors-running-drug-trials-jailed-for-copyright-violation/Weekend reads: Dope-addicted doctors running drug trials; jailed for copyright violation? – Retraction Watchcover here at Retraction Watch, but Jeffrey Beall highlights theproblems such practices can create for meta-analyses, following a paper we linked to in May .