アルバイトJournal@scholarlyoa

アルバイトについてのアンケート結果や統計調査報告をバイトJournal Publisherです。

高校生、大学生のバイトの口コミその18

"私が人生で初めてのアルバイトをしたのは高校3年生の冬休みでした。私の高校はアルバイト禁止だったので、唯一高校から許可されていた郵便局でバイトをしました。バイトをしていた期間は冬休み期間のみなので、勤務日は約10日前後位でした。アルバイトをした理由は高校3年生で進路も決定していたため、社会勉強のために郵便局でのアルバイトに応募しました。
私は郵便局の内務でアルバイトしていましたが、1番のおすすめは公的機関なので安全という事です。あと以外に驚いたことは出勤日の希望を提出する際も、とても自由で、シフトがいなくて無理に借金しなければならないなどは全くありませんでした。当時はすでに郵政民営化になっていて公的機関ではありませんでしたが、名残は残っていたので残業代もきちんと出ますし、職場の人も常識のある人達であるため、両親も安心してくれました。学生アルバイトに対しても休憩室が別に用意されており、そこにはお菓子なども置いてあったので、ある意味で至れり尽くせりだったかなぁと思います。年賀状を多く取り扱う時期(年末年始)は忙しいですが、三が日を過ぎると年賀状もだんだん少なくなってくるので、勤務内容はあまり忙しくありませんでした。他にも外務で働いていた人は配達時に配達先からみかんなどのおすそ分けを貰っていたので少し羨ましかったです。郵便局では主に年賀はがきの仕分け作業を行っていたのですが、その郵便局の担当エリアにかなり詳しくなったので、後に自動車免許を取得してその街を通る時は町名がすぐに蘇ってくるので地理に詳しくなりました。郵便局でのアルバイトで残念な点としては、やはり高校の認定アルバイトなので、時給が他の飲食店に比べて安いことです。また、時間によっても時給の変動がないので、しっかりと稼ぎたい人にとっては合わないかなと思います。そのため、アルバイトのほとんど、というより全員高校生だったので大学生は1人もいなかった気がします。"

scirpli.blogspot.com/2015/06/in-response-to-accusations-related-to_11.htmlscientific news: In Response to Accusations Related to a Controversial Researcher and More| BLOG – Scientific Research Publishinghttp://scholarlyoa.com/2014/07/31/is-scientific-research-publishing-scirp-publishing-pseudo-science