アルバイトJournal@scholarlyoa

アルバイトについてのアンケート結果や統計調査報告をバイトJournal Publisherです。

巫女のバイトの口コミその1

"応募方法:直接神社に電話で面接を申込み、後日履歴書を持って集団面接。採用がきまったら再度神社に出向いて、アルバイトの講習を受けます。

時給:日中9:00-22:00 1000円 / 夜間22:00-翌朝9:00 1500円

仕事内容:初詣の参拝客にお札やお守り、破魔矢、絵馬などの授与(販売)、おみくじを引くお手伝いなどの接客が主な仕事です。年末年始は、大晦日から三が日のみの場合と、参拝客の多い7日頃まで続ける人もいます。
服装、身だしなみ:袴など巫女特有の服装はもちろんのこと、心身ともに清潔でなければならないということで、黒髪かダークカラーの髪色、長い髪は後ろで束ねる、ネイルやピアスなどのアクセサリー類の着用は禁止、化粧も派手ではないものなど細かなと指定がありました。

言葉遣い:巫女は単なる労働ではなく、神様への「ご奉仕」をする役目を担っているということで、お金を稼ぐためのアルバイト以前に、神様へのご奉仕の「お手伝い」という位置づけでした。そのため、店舗とは異なり「購入」とはされないため、「お支払は・・・」「ありがとうございます」などではなく、「◯◯◯円お納めください」という特有の言い回しが必要です。

体験談:おそらくこの時期の巫女のアルバイトでもっとも苦労するのが「とにかく寒い」ということです。ストーブは置いてありますが、真冬に仮設テントのような場所に長時間動かず立ち続けなければならないためです。巫女装束は薄手で防寒具もないため、内側にカイロを貼ったり、ヒートテックを重ねばきする以外は何もできず凍えそうになります。憧れから応募しても、これが耐えられずに途中でリタイアする方もいました。休憩時間はあたたかい社務所内で、甘酒やお神酒、お菓子をいただくことができます。
以上のようなことや短期で特別感があることから、高校生など若い学生のアルバイトが多いため、友人同士で楽しく応募して年末年始を過ごすこともできるようです。"

blogs.sciencemag.org/pipeline/archives/2014/11/10/scam_scam_scam_scam_scammity_scam_wonderful_scamScam, Scam, Scam, Scam, Scammity Scam, Wonderful Scam | In the PipelineAnd how about the“Integrated Journal of British”? Integrated Journal of Britishwhat, you say, but that’s because