アルバイトJournal@scholarlyoa

アルバイトについてのアンケート結果や統計調査報告をバイトJournal Publisherです。

デリバリーのバイトの口コミ

どこのデリバリーでバイトをしていたか?

 UberEats

期間はどのくらいか?

 "2016年の9月下旬のオープンから、2017年3月までです。
東京に住んでいる間の約半年間で時間帯も自分で決められる事がとても便利でした。とても画期的な仕事でありました。
最初は東京の都心だけで配達員も少なかったので一人当たりの配達量は多かったと思いますが、今では配達範囲も大きくなり人数もかなりおおくなり昔程稼ぐ事は難しくなったと思います。今年の3月に転勤に伴い引退しました。またやってみたいと思っています。"

何故そのバイトを選んだか?

 まず時給もあり基本は歩合だったからです。一件配達する事に報酬がもらえ距離に応じて料金が変わるものでした。自分が配達した分給料で還元される所が選んだ理由の一つです。支払いも毎週振込なので中々良かったです。業務委託と言った所で副業に適していて、自分が働きたい時に専用のアプリをonにすれば事仕事の開始になります。なのでシフトは存在しなくてやりたい時に仕事をできるので副業にもってこいです。自分のタイミングで全てできるし先輩とった上下関係がないのでとてもやりやすく尚稼ぎも他のデリバリーに比べたらかなり高い方だと感じました。また定期的にイベントもしていて+αで収入を得られたりしました。評価の高い配達員には別途で商品がもらえました。

チップは実在したか?また頻度ともらう金額も

 "東京のど真ん中でしかデリバリーはなかったのでわりかし裕福な人が多かったので、頻度は多いと感じました。
その中でも、港区は特に熱かったです。一つの理由はまず民度が高すぎる。高収入者が多い。あと外国の方も多いのでチップをもらえる事は多かったです。件数で言うと30回に一回はもらえました。最低は100円で、基本500円が多かったと思います。もらえるものはもらったほうが良いので私は拒まず頂いていました。配達先の住所が間違っていて間違い先で電話がかかってきてすみませんと連絡がありました。それも外国の方でして、比較的に近い場所への配達だったので商品はさめずに配達する事ができました。そこで間違えてごめんなさいと言われ1000円をもらいました。この金額が半年働いた中で一番大きなチップになりました。日本人にチップをもらう事はほぼなかったと思います。あったとしても六本木にあるでっかいタワーマンションに住んでる方とか一般レベルで考えるともらう事はないとおもいました。だって日本にはチップの文化なんてないしそれがなくても特に問題はないとみんな思っているからだと思います。私の初めてデリバリーをして本当にチップをもらえるんだなとびっくりしたのを覚えています。これが東京だからチップをもらえたのではないかと思っています。今住んでいる滋賀県で同じ内容のデリバリーをしたからといってチップがもらえるとは思いません。やはり私は民度が高い首都圏なら時給以外の所でも稼いでいけるのではないかと思いました。そんな大した金額ではなくてもやはりもらえれば気持ちも上がるし、やってて良かったと感じれるしもらえたことはとても大きな事だと感じました。"

デリバリーの辛い点

 "基本バイクでの配達になるので、事故をすれば大けがに繋がる事です。UberEatsは服装に縛りはなく自由なので半袖でやっていた時もありました。冬に配達をするのはかなりしんどかったです。雪ならばそこまで大変ではなく払ったりして対応できますが、雨はしみ込んできて体を心から冷たくしていきます。カッパをきたとしても対応できる雨の量なんてしてれているし台風が来たときなんてほぼずぶぬれです。そういった天気が悪い日は注文する人がやっぱり多くなるのでかなり忙しくなります。配達員も雨やしやらない人が多いのでかんり注文が偏って来ます。
あとはガソリンは実費でいれないといけなかったのでお金の管理もとても大変でした。
配達中一回は迷子になったことはあるとおもいますが、その迷子にハマってしまったら抜けれないといった所です。商品はあったかい物ならさめてしまうし。怒られるし最悪です。また汁物をこぼしてしまうとほぼ受け取ってくれないです。"

デリバリーをしていた時の仲間はどんな人?

 私を含め基本的には正社員で仕事をしており、空いた時間や休日を利用している副業の片が多かったです。その背景としては何度か言っているように自分の好きな時間に出来るといった所です。芸人さんも入ればフリーターの方も居るし色んなジャンルの方がいました。他のデリバリーとは違って事務所がないので注文先でたまたまあって話すだけなのでわからない事もたくさんあります。大学生も割と多かったのかと思います。4年生になれば就職もきまり暇をもてあました学生が好きなタイミングで配達をしていると聞いたこともありました。下は20歳から上は70ぐらいのおじいちゃんもいました。自転車か原付があれば本当にだれでもできるので幅広い仲間がいました。コミュニケーションはお店先であった時にするか、最近だとSNSでグループを作って情報を共有している人達もたくさんいました。外国人もやはりたくさんやっていました。多少日本語が話できれば問題ないし、英語が出来る方が東京だととても役に立つのでとてもやりやすい仕事だと感じました。アプリを使って翻訳をして会話を出入るので誰でもこのデリバリーはできるのだと実感しています。女性はそこまで多くはいませんでしたがママチャリを使って配達している主婦もいました。

デリバリーのここだけはおすすめポイント!

 このUberEatsに至ってはシフトの概念がないところです。今暇やし配達しようとかお金ないからやろうといった自分のペースで仕事ができる所です。配達中は一人での作業になるので誰にも干渉されず自分のペースでやれます。お客様が注文するので配達した先で感謝されるのは当たり前で、気持ちはよくなり配達できて良かったと実感が湧きます。先輩が厳しいだるいといったネガティブはなくほぼ自分の稼ぎの為にできるのですぐ辞めてしまう人はそんなに多くはなかったです。休憩も自分のタイミングで出来るのでON,OFFをしっかり取る事ができて次へのモチベーションにも繋がってきます。一回ごとに店舗は違うのでバイクでドライブを楽しみながら稼ぐ事ができます。

給料事情

 "UberEatsは基本は歩合になりますが、特別な日に限っては最低時保証がありました、その時は1200円でした、今はまた変わっていると思います。
歩合なので天気と日によって多少変わってきますが、私の場合時給に換算すると基本1500円以上でした。平日だとこける時がありましたが、休日になると一日25000円は基本いっていました。大体10時間でこの金額でいったので時給はかなり高かったです。でも全部実費なのでガソリン代とかをいれるとまあええ感じに落ち着くのではないかと思います。"

retractionwatch.com/2014/11/29/weekend-reads-former-vice-chancellor-sent-to-jail-for-plagiarism-peer-reviewers-getting-tired/Weekend reads: Former vice chancellor sent to jail for plagiarism; peer reviewers getting tired – Retraction Watchin Physics is perfectly happy to publish authors who have beenbanned from arXiv, says Jeffrey Beall.