アルバイトJournal@scholarlyoa

アルバイトについてのアンケート結果や統計調査報告をバイトJournal Publisherです。

私がバイトで一番稼いだ金額を公開!その1

"大学3年生の頃からパチンコ店でアルバイトをしていました。
大学卒業後も続けましたので4年程度働いていました。
KICONAというパチンコ店です。仕事内容はパチンコの出玉交換、スロットのメダル交換、店内の清掃、会員の勧誘をやっていました。
掛け持ちも一時期やっていました。
(16:30~23:30パチンコ店,3:00~6:00新聞配達)
新聞配達は読んで字のごとくHONDAのSuperCubでひたすら契約先に新聞を届けるというお仕事でした。こちらは一年程度でやめました。
年収は推定¥300万程度です。
月収は¥25万は確保していました。手取りです。
パチンコ店のみでの最高月収も¥30万前後ありましたが掛け持ちをしたことにより最高で月¥40万以上を稼いだ時期もありました。¥40万も手取りです。
パチンコ店の休みは月に4回程度という時期もありましたがあまり高収入を求めないなら4週8休程度で休んでいる人もいました。
但し、私の場合は新聞配達を行っていましたのでほぼ毎日休みはありませんでした。
休みは正月くらいに2日貰える程度でした。
時間に直すと月に合計300時間以上は働いていました。
但しパチンコ店のみだと200時間程度でした。
パチンコ店の金額は比較的良いお仕事でした。しかし、接客業であるため色々なお客様の対応に苦慮したことがあります。勝った人は対応が楽なのですが、負けた人や態度が悪い人には毅然とした対応が必要でした。新聞配達は休みがないことが苦痛でした。
パチンコ店のスタッフは休みがちな方が多いのですが私は無遅刻無欠勤で勤務態度もそれなりに評価されていたらしく会社の上層部から「是非、正社員に」と誘われたことが非常に嬉しかったです。新聞配達はバイクの技術を磨くには最適でした。"

blogs.discovermagazine.com/neuroskeptic/2015/02/07/plagiarism-thesaurus/Plagiarism: Copy, Paste, Thesaurus? - NeuroskepticJeffrey Beall’s invaluable Scholarly OA blog. Earlier this week Beallbloggedabout a dubious-looking new ‘predatory’ journal called International Journal Online