アルバイトJournal@scholarlyoa

アルバイトについてのアンケート結果や統計調査報告をバイトJournal Publisherです。

私がバイトを辞めたいと思った出来事その4

このバイトは私が大学2年の5月頃、居酒屋のキッチンとして約1ヵ月働きました。その居酒屋は私の家からとても近くにできた居酒屋で、出勤がとてもしやすく長時間働けると思い、そこの居酒屋を選びました。仕事内容は注文が入ったら料理を作ってカウンターに出すというものでした。その料理も入ったポジションによってコンロを使う場所や、揚げ物を揚げる場所、洗い場と約3か所に分かれていました。とても良かった点は家から近くて通いやすかったこと、キッチンだったので接客を一切しなくていいという点でした。もうこのバイトを辞めようと思った理由は、そもそもその居酒屋の立地がかなり悪かったからです。働いていた居酒屋は何年も前に別の居酒屋がつぶれた跡地に入ったところだったのですが、その別の居酒屋が良すぎて地域の人たちが求めているものとはほど遠いと感じたからです。バイトの私がそんな事思うなんて何様のつもりだと思うでしょうが、そもそも私もその地域にずっと住んでいたので働いていて「ここは半年持たないだろう」と1週間で消費者側で思ってしまい、そこからすぐ辞めようと決断しました。バイトを辞めたことで後悔していることは、またバイト先を探さなければいけないという事と、家の近くにあるという点です。家の近くにあるため、外出しているとそこの社員とバッタリ会ってしまうことがありあました。辞める時には本音を会社の社員の人達にぶつけて辞めましたが、辞める理由を話さなければよかったと思いました。次にバイトを探すときの注意点は、少し遠くても家の近くにはなくて、辞める時も静かにうなずいてくれる社員と、私は人見知りなので接客が少ないところにしようと思いました。

retractionwatch.com/2015/05/09/weekend-reads-should-retirement-age-scientists-make-way-no-pay-for-fast-track-peer-review/Weekend reads: Should retirement-age scientists make way?; no pay-for-fast-track peer review | Retraction WatchAn editorbadmouths the DOI: Jeffrey Beall has a report.