アルバイト・転職Journal@scholarlyoa

アルバイト・転職についてのアンケート結果や統計調査報告のバイト・転職Journal Publisherです。

私がバイトを辞めたいと思った出来事その6

"30年ほど前の私が高校生だったころの体験談になります。
引っ越しのアルバイトで日給でした。
働いていた期間は登録制なので、会社の人手不足などの理由から「出勤できないか」との連絡を受け、自分の都合が合えば出勤するようなシステムでした。
なので、働いていた期間は10日ほどでしたが登録は2年ほどでした。
そのアルバイトを選んだ理由は「友人に誘われたこと」と、「労働した当日に給与を即金で頂けること」、「働く日をこちらから自分の都合で出勤出来ること」、「アルバイトをしたい時期に探さなくていいところ」でした。
仕事内容は引っ越し業務ですので、主に力仕事でした。
しかし、内容はいつも違っていました。
引っ越す家に伺い、引っ越しの準備のための梱包作業の時もありました。
また、引っ越す家から梱包できたものをトラックに運ぶ、引っ越し先では移動されたものを新しい家に運ぶ「中間」の作業をおこなっていました。大変でしたので辞めることができてよかったです。
ポジティブな要素は日当とは別にご祝儀を頂けることが多い事です。
元々、力仕事でしたので日当が他のバイトと比べ高いのも魅力でした。
「辞める」と思った理由は、夏休みを利用し、夏場に脱水症状をおこしたことや、こちらの体調の具合を業務的に考慮して頂けないことでした。
辞めることで後悔する点は特にありません。
次にバイトを行うのに注意した点は、やはり、部活と勉強を両立していたところもあり、体調の具合を考慮して頂けるところかどうかでした。"

researchtoolsbox.blogspot.com/2015/05/Research Tools: May 2015world’s largest index of junk science”, which immediately resulted inhim being accused of hypocrisy, since he is promoting his very own profile on