アルバイトJournal@scholarlyoa

アルバイトについてのアンケート結果や統計調査報告をバイトJournal Publisherです。

期間従業員年齢に制限はあるのか?

期間従業員年齢により採用されない場合も?

期間従業員という働き方では企業側の決めた期間のみ契約社員として労働を行う形で働くことになります。その場合企業の採用条件により期間従業員年齢が決められている場合があり、その年齢から大きく外れている場合には申し込みを行っても採用されないということも考えられます。しかしこの期間従業員年齢制限を設けるという行為は現在では雇用対策法が改正されたことにより禁止されている行為となっているため、求人の記載に関しては年齢制限を設けない形での求人を行うこおが義務付けられています。そのため今現在の期間従業員募集に関しては表向きには年齢制限を設けない形で求人を募ってはいますが、企業の中には採用基準をある程度決めており、求人では年齢制限を設けて以内のにもかかわらず40歳以上は採用しないといったスタンスの企業も少なからず存在しています。これは期間従業員として働く場合に年齢が高すぎた場合作業効率が大きく低下する恐れもありますし、若い人材と比べた場合にどうしても体力的にも劣ることになるため採用面接の時点で企業が採用に適さないと考えた場合には年齢制限が無くても採用されないことになります。企業側も会社の力となる人材を採用する必要があるので、期間従業員年齢には注意が必要となります。

期間従業員年齢を気にしなくても働ける?

期間従業員年齢の制限が採用に関しては無いと考えていいので、一応求人をしている企業に関しては年齢を気にすることなく申し込みをすることは可能です。もし求人が満18歳以上となっていれば、内容的には18歳以上であれば30歳でも40歳でも50歳でも申し込みをすることは可能です。実際に期間従業員として働いている中高年も少なくありませんし、定年後に期間従業員として働くといった人も数多く存在しています。そう考えた場合年齢制限があり定年を迎えると必ず退職することになる正社員よりもかなり自由度が高いと言えますし、なかなか採用が難しい中途採用などに比べた場合でも期間従業員で働く戸言うことは働く意欲がありさえすれば採用される可能性が高い仕事だと言えます。もちろん採用に当たっては必ず面接などがありますのでそれを通過する必要がありますが、今まで培ってきた経験や技術がしっかりしていれば期間従業員年齢を気にすることなく採用される可能性も高くなりますし、企業側が経験や技術を会社の力として相応しいと感じた場合には高齢であっても採用されるケースもあります。特に優れた技術を有している場合はそれが武器になるので、企業にアピールすると良いでしょう。

期間従業員年齢により起こりえる問題

期間従業員年齢が若いほど体力的にも余裕があると言うことになります。しかし期間従業員年齢が高くなるにつれ徐々に体力は低下していきますので、期間従業員という労働に関しては年齢が高いほど体力的にきついと感じることが多くなります。期間工のような仕事の場合、体力勝負とも言える向上での勤務がほとんどですし、その場合長時間にわたり同じ作業を繰り返し行うことにもなります。今まで期間工として働いた経験があればある程度慣れているのでそれほどその仕事が辛いと感じることも無いかもしれませんが、今まで期間従業員として働いたことが無い場合には労働に対して体力的にきつい、長時間の流れ作業に集中力が続かないということも起こる可能性があります。そのため期間従業員として働く場合には、やはりある程度仕事がきついということと、体力が無い場合は仕事を続けるのが難しくなる場合もあるということを理解した上で申し込みをする必要があります。体力や集中力は年々衰えていくものですし、その衰えが仕事を遅らせてしまったり思わぬミスをしてしまうことにも繋がりますので、自分の体力や集中力、年齢も考えた上で期間従業員として働くことを考えたほうが良い場合も有ります。

期間従業員年齢がプラスに働くケース

期間従業員年齢が高いほどどうしても若い人に比べると労働力に差が生じることになります。そのため企業側もできるだけ若い人材を優先的に採用することが多くなり、年齢が一定以上の場合は申し込みは出来るが採用はされないということも少なくありません。では期間従業員年齢が高い人のプラス要素とは何かといえば、やはり年齢に裏付けられた経験や社会人としても常識をもちマナーが身に付いているということが大きなプラス要素となります。企業側は若い労働力を優先的に採用するケースが多いとはいえ、単に若ければいい戸言うわけでもありません。何故なら企業で採用する労働力は一人ではなく数多くの期間従業員や正社員が同じ場所で働くことになるためです。そのためそこでは同じ目的の元に働くということが求められますし、他の人と接することになるので社会人としての最低限のマナーなども見に付いていることが必須となってきます。年齢が高い場合社会人としての経験が豊富なのでマナーなどが身に付いている事が多いですし、言葉遣いに関しても社会人としての話し方が自然と出来る人が多いと言えます。これは会社内でのコミュニケーションにも欠かせないものですし、人柄がよければ円滑に社員との関係を培うことができるので採用に大きなプラスとなります。

retractionwatch.com/2015/07/11/weekend-reads-california-universities-battle-in-court-for-research-dollars-fake-conferences-fake-impact-factors/Weekend reads: California universities battle in court for research dollars; fake conferences; fake impact factors – Retraction WatchA predatory journallisted a murdered doctor as its editor-in-chief, Jeffrey Beall reports.