アルバイトJournal@scholarlyoa

アルバイトについてのアンケート結果や統計調査報告をバイトJournal Publisherです。

期間工から転職する場合の心構えや注意点

期間工から転職する際のポイント

今までは期間工として働いていた場合、期間工から転職するということを考える人も少なくないでしょう。その場合何故期間工から転職をするのかということを自分自身でしっかりと考える必要があります。例えば今の期間工としての仕事に特に問題も無く満足している状態でなんとなく転職をしようと考えた場合、明確な転職に対するビジョンがないため転職した後の仕事が上手くいかず転職を繰り返してしまうというケースも考えられます。期間工という仕事は元々一定の期間を企業に雇用されて働くため、正社員と比べて働く期間が短い、一定期間だけなのでその後の保証がないとという問題も抱えている仕事だと言えます。しかし雇用されている期間内はきちんと福利厚生もありますし社員と同様の扱いの中働くことが可能となっています。昔に比べて期間工に対する対応はかなり改善されていますので、雇用されていることに対し不満が無い場合や転職する先をきちんと決めていない場合には焦って期間工から転職をする必要はないと言えます。転職する場合はこの先の人生のことをしっかりと考えたうえで転職を実行する必要があり、曖昧な気持ちで転職すると言うことは避けるべきだと言えるでしょう。

期間工から転職する際の目的を持とう

 期間工から転職を考える場合、何故転職する必要があるのか、何のために転職をするのかを考える必要があります。人それぞれ転職を考える場合には理由があると思いますし、それが給与面の待遇であったり自分自身のこれからの人生を見つめ直した結果であったり、キャリアアップを考えて期間工から転職をすることを決める場合もあるでしょう。どのケースの場合もしっかりとした目的があり、その目的を達成するために転職をすることになるわけですので、目的意識をしっかりと持ち何処転職をするのかを考えて転職活動を行う必要があります。同じ職種であれば期間工から転職する場合でもスムーズに活動が行えますし、正社員を目指して転職する場合には今現在雇用してくれている企業の中で期間工から正社員へのキャリアアップをサポートしてくれる場合もあります。その場合には仕事を変わることなく期間工から転職して正社員へとキャリアアップできますので、もし今の仕事に満足しているけれど雇用形態に不満がある場合は、キャリアアップサポートを利用するのも悪くないでしょう。その場合には期間工で働いている際の姿勢や貢献度、社内での評判なども影響してきますので期間工という機関が限られた仕事でも手を抜くことなく仕事をすることが求められます。

 期間工から転職する場合のメリット

 期間工から転職をする場合には期間工ではありえなかったメリットがある場合も考えられます。基本的に期間工から転職をする場合正社員への転職を考えるケースがほとんどだと言え、正社員になることで大きな変化が生まれることになります。まず期間工の場合3ヶ月や6ヶ月という期間を決められた中で仕事を行うことになり、期間が終了した時点で契約が切れてしまい無職になります。企業によっては契約延長を行ってくれる場合もありますが、企業の仕事が減った場合や景気が悪く業績が延びない場合には契約を更新してもらえないということも少なくありません。基本的に繁忙期に期間工を募集してそれが終わると契約終了となることも少なくないので、期間工の場合は生活が安定しないと言うリスクもあります。しかし正社員に転職した場合には期間を決めての契約ではなくなるため生活が安定しますし、長期間同じ仕事を行うことが可能になるため仕事に対する姿勢も大きく変わってくることになります。正社員の場合昇級するということも有り、これに関しても期間工との違いとなります。その為期間工から正社員に転職した場合には給与面などにおいて安定してくるというメリットや、正社員という肩書きも加わり更なるキャリアアップを目指せるというメリットも生まれます。

 期間工から転職するデメリット

 期間工から転職する場合にはメリットだけでなくデメリットも生まれる場合があります。基本的に期間工の場合一定期間を雇用される形となり、住居に関しても寮での生活になるケースがほとんどです。その場合寮のため家賃などの支払いが必要無く、食事に関しても寮で用意されることになるため生活費での支出が大幅に抑えられるといいうメリットがあります。期間工は数か月単位で仕事をしますので企業側も短期間の間は寮で生活をしてもらい仕事に集中することが出来る環境を整えている場合が多いと言えます。しかし期間工から転職して正社員になった場合や、他の業種に転職した場合には、今までのような寮生活が無くなり、生活費に関しての支出は全て自己負担になることが多くなります。中には会社の寮で生活できる正社員という場合もありますが、その場合でも寮の利用費などを差し引かれる形となり、期間工の寮生活とは大きく異なる待遇になる場合もあります。それと期間工の場合企業が直接雇用しているため給与が高いというケースが多く、短期間でかなり稼げる仕事となっています。しかし正社員に転職した場合は給与が月給制や日給月給となり、期間工の時よりも手取りが減るというケースも少なくありません。そういったデメリットもあることを理解したうえで期間工から転職を考える必要があります。

www.csescienceeditor.org/article/the-authorship-of-deceased-scientists-and-their-posthumous-responsibilities/The Authorship of Deceased Scientists and Their Posthumous Responsibilities - Science EditorBeall J. Predatory journal lists murdered doctor as its editor-in-chief.scholarlyoa.com/2015/07/07/predatory-journal-lists-murdered-doctor-as-its-editorin-chief/[accessed on 21 January 2016].