アルバイトJournal@scholarlyoa

アルバイトについてのアンケート結果や統計調査報告をバイトJournal Publisherです。

期間工は住宅ローンを利用可能?注意すべきポイント

期間工は住宅ローンを契約できるのか

自分の家を持つと言うことは人生における大きな目標であり、マイホームを購入するために働いている人も少なくないでしょう。期間工の場合もそういった例に漏れずマイホームを持つことを考えて期間契約し仕事に精を出すケースがとても多いと言えます。一般的な正社員の場合には住宅ローンに関してはそれほど利用するのが難しくないためある程度の収入が確保できており返済に問題が無いと審査で判断されれば住宅ローンの利用が可能になりますし、各社から出ている様々な住宅ローンの中からチョイスすることも出来ます。では期間工住宅ローンに関してはどうなのかといえば、期間工住宅ローンの場合は通常の働き方とは大きく異なった契約の元働くことになるため、通常の住宅ローンの場合審査基準を満たしておらず利用できないケースが非常に多いと言えます。これは期間工の雇用形態が問題になっているのではなく収入における返済比率が問題となるケースが多いためです。しかし全ての住宅ローンが利用できないわけではなく、期間工でも利用可能な住宅ローンもあるため100%契約不可戸言うわけではなく、利用する金額や返済比率、ローンのチョイスを考えれば住宅ローンの利用も可能になります。

期間工が住宅ローンを契約できないケース

期間工が住宅ローンを利用できないケースとしては、収入に対する借入額とのバランスが釣り合っていない場合が考えられます。住宅ローンの利用に関しては基本的に貸金業で定められている総量規制という規制の対象外となりますので、使用目的が自由なカードローンのように年収の三分の一までといった規制はありません。そのため住宅のような高額な買い物であっても年収の三分の一を超える金額でローンを組むことが可能となります。しかし総量規制がないといっても期間工の場合正社員と比べると収入が安定しているとは言えず、その点が審査に対し大きな影響を与えてしまうことが考えられます。期間工の場合給与面に関してはかなり良い待遇で働くことが出来ますので期間が決められているといっても実際にはかなりの給与所得を得ることができる仕事だと言えます。しかし期間工住宅ローンを利用する場合には年収よりも安定して返済できるかどうかを重視されることが多く、期間工のように契約期間が短く長期の労働が難しい場合は、それが問題視されてしまい契約できないこともあると考えておく必要があります。これは期間工や契約社員特有の問題と言えますので、住宅ローンを利用する前に期間工でも利用可能かどうかを確認することが重要です。

期間工が住宅ローンを利用する際のポイント

期間工が住宅ローンを利用する場合のポイントとしては、期間工でも利用可能なローンをチョイスすることと、返済比率を考えて期間工住宅ローンを利用する戸言うことが重要です。一般的な住宅ローンの場合返済比率と呼ばれる比率は年収における30~40%が限度とされています。これは年収の内の30~40%を返済に充てると考えると分かりやすいでしょう。例えば年収が500万円であれば150万円~200万円を返済に充てることになり、月々の返済額は12万5千円~16万6千円程度になります。この返済額はかなり多い返済額といえますし、これを継続的に続けていくのはかなり難しいと考えるべき金額となります。期間工の場合はこれよりも低い返済比率で計算をする必要がありますし、期間工が利用可能な住宅ローンの場合は年収における借入額も審査に大きく影響してきます。現在期間工や契約社員でも利用できる住宅ローンとして有名なのが民間の金融機関と住宅金融支援機構が共同経営をしているフラット35というローンで、このローンであれば期間工でも利用可能な条件が整っています。その場合には年収400万円に満たない場合は30%以下、年収400万円以上であれば35%以下の借り入れが可能になっています。この条件を考えてローンの申し込みをするのがポイントとなります。

フラット35の特徴

住宅ローンのフラット35の特徴としては、雇用形態に関わらず利用することができる住宅ローンであるという点が挙げられます。一般的な金融機関がサービス展開している住宅ローンの場合、契約条件の中に正社員であることが盛り込まれているケースが多く、契約社員やアルバイト、期間工のような収入が安定し難い職業の場合は契約条件を満たせないので審査すら受けることが出来ないケースが多いと言えます。しかしフラット35に関しては雇用形態に関わらず利用可能となっており、期間工住宅ローンとしては非常に使いやすいローンとなっています。これは雇用形態という条件を設けないことにより利用できる人の範囲を広げる目的があり、期間工のように年収には問題が無いけれど雇用形態でローン利用が難しい人でも安心して利用できる仕組みとなっています。期間工は給与水準が高いので収入に関しては正社員以上の水準となっているケースも少なくないですし、その場合は返済に問題が起こる可能性も低くローンの利用に関しては問題ないように見えます。しかし銀行などの住宅ローンは契約社員や期間社員といった雇用形態の場合リスクを考えて基準を設けておりそれが利用できる人の間口を狭めていることになっています。フラット35であればよほど無理な金額での申し込みでなければ審査を通過し利用できる可能性が高いといえるでしょう。

retractionwatch.com/2015/08/01/weekend-reads-what-really-happened-in-that-lab-best-excuses-for-falsifying-data-and-rejecting-grants/Weekend reads: What really happened in that lab?; best excuses for falsifying data and rejecting grants – Retraction Watch“The publisher and journals’ editorial teamdon’t take any responsibility regarding plagiarism and any other issues raised out of any article.” Well OK then, says Jeffrey Beall.