アルバイトJournal@scholarlyoa

アルバイトについてのアンケート結果や統計調査報告をバイトJournal Publisherです。

モト期間工さんの動画を見て自分の意見を書いてみました

モト期間工さんの動画から読み取れる事

"モト期間工という人がネットで自身の体験を語っています。例えばラーメン屋で正社員として働ける事になったのですが、1日で辞めてしまったり、また仕事をしていた経験を元にしてネタをしたりしているようです。色んな生活や仕事での体験をネタにしてyoutubeなどの動画サイトでもそのネタをアップしているようですが、なぜそのような体験をしており、そのような感情になるのかがその動画から読み取れる。そしてその動画から私たちも考えることができる一つとして、仕事や社会で生きていくのに難しさを感じている人はたくさんいるのだという事です。このモト期間工さんの動画を見て共感を得ている人は少なくは無い。みんなこの動画を見た人達はおもしろいと感じている人、なぜそのようになったのかと自分で考えた、感じた事をネット上で書いている人も多くいます。仕事を続けて行くことの難しさは今の時代たくさんあります、その仕事での待遇や給料などによって、またその仕事場での作業内容や人間関係、仕事と自分の時間の安定性など数多くの理由があると思います。 そんな中仕事を続けて行く上で疑問や問題点にぶつかり、仕事を辞めて行く人も多いです。ではどんな問題点辞めて疑問があるのか。"

モト期間工さんの動画から仕事をすぐ変えてしまう理由を推測する

"モト期間工さんの動画にはたくさんのネタがありますが、いろんな仕事を経験してきたのが分かります。先ほど書いたラーメン屋もそうですし、トラック運転手に名前の通り期間工も経験しているようです。ですがこのようにころころ変わるのにはやはりそれなりの原因もあると思います。まずはその仕事に自分が合っているのか合っていないのかです。全ての仕事のジャンルに合っているのか人は多分いないと思います。自分の性格や技術、考え方によって仕事の合う合わないがあります。ですが自分がどの仕事に合っていてそうではないかはやってみなければ分からない部分も数多くあります。なのでモト期間工さんのように自分に合う仕事を探し続ける人も世の中には数多くいると思います。ですが少し短期間ですぐ辞めるというのでは、その仕事が合っているのかそうでないか見極められないからです。仕事の始めというのは、初めて経験するものだったり、よく分からない部分が多くて、できないことが当たり前です。でも雇っている方としては、すぐに仕事をやり遂げて欲しいので要求は高いです。そのプレッシャーに押し負けてしまい、 自分にこの仕事は合わないと感じて辞めてしまうという人もいるのではないのかと思います。"

モト期間工さんの動画から学べる教訓を私なりに推測してみた

では仕事が本当に合うか、そうでないかを見極めるのにはしばらく続けてみる必要があると思う。人によってそれがわかる期間は違いがあると思いますが、少なくとも1週間や1ヶ月では合うか合わないかは判断できないと思います。だいたい2ヶ月ほどたってくるとその判断ができるのではないかと思います。モト期間工さんも1日で仕事を辞めた経験がありましたが、1日ではなかなか判断はできません。ですがこのモト期間工さんのように1日で辞める、2日で辞める1週間で辞める人は数多くいるとお思います。その理由がしんどい、やる価値を見出せない、もっといい仕事があると思ったという意見の方も数多くいると思いますが、仕事はどれもしんどくて価値を見出せない時もあります。期間工でライン作業をしたりしている人は同じ作業ばかりしていて、しんどい思いをしている人や、なぜこの作業が世の中の役に立つのかと価値を見出せない人もいると思います。ですが仕事はどれも世の中のために動いており、価値のない仕事などはありません。価値が見出せないられないのは、仕事を本気で取り組んでいない事、すぐ辞めてしまうことに原因があるからです。なので仕事を少し長期で続けて見るとその仕事がもしかしたら自分に合うと気づくかもしれません。

モト期間工さんの動画から仕事に対するまとめ

"モト期間工さんのように性格から仕事を続けていくのが難しく感じる人も世の中にいるのは事実です。実際に仕事を続けていくのは誰もが難しく感じているので、仕事を続けていけないのは根性が足りない、若い人は仕事に対する情熱が欠けているからと根性論や熱血論だけで片付けてしまうことはできないと思います。今の時代、仕事以外でも人間関係で悩んでいる人も数多く、また仕事や人間関係でのストレスによる問題を多く見てきている今の若い人たちには、仕事に対して冷めた目で見てしまう一つの原因かと思います。誰もが仕事で辛そうにしていると、自分も知らずに影響を受けて仕事は自分を辛くさせるものと思いがちです。 ですが全てを世の中のせいにしてしまうと自分の為にもなりません。それを自分の為に考え方を変えていく必要があります。 例えばモト期間工さんのように自分の体験談を動画でアップして知らせることは、多くの人の共感を得ているように、自分の感じた事を主張していく必要があります。 自分の意見を主張するのが難しいと感じる人はネットを使って主張しても良いと思います。自分の意見に共感できる人がたくさん出てくるなら自分の自信につながり、それは仕事をしていく上でも必要な一つのスキルに繋がるかと思いました。"

retractionwatch.com/2015/08/15/weekend-reads-top-science-excuses-how-figures-can-mislead-a-strange-disclosure/Weekend reads: Top science excuses; how figures can mislead; a strange disclosure – Retraction WatchHere’s an odd disclosure statement, courtesy of Jeffrey Beall: “The authors confirm that this article content has no conflicts of interest.”