アルバイトJournal@scholarlyoa

アルバイトについてのアンケート結果や統計調査報告をバイトJournal Publisherです。

期間従業員の直接雇用の待遇とは?そのメリット

 期間従業員の直接雇用とはどういったもの?

 "期間従業員 直接雇用とは、どういったものなのでしょうか。 期間社員・期間従業員は期間工と呼ばれている期間限定の従業員として雇われることを指します。その中でも、直接雇用というのは、メーカーや企業において、直接雇用関係を結ぶといった雇用形態となります。 簡単に言うと、期間限定の契約社員を指します。 企業側に直接雇用をされて働くことになりますし、メーカーに所属をすることになりますので、たとえば大企業の場合には、その規定に応じた待遇や福利厚生を受けることが出来ると言えるでしょう。期間従業員 直接雇用では、大手のメーカーに雇われる形になりますので、期間限定でも、良い待遇を受けることが出来るというのも魅力の一つであると言えます。 一方で、派遣会社は派遣会社と契約をして派遣をされて働くことになります。このため、メーカーから雇用をされているというわけではないので、メーカーの社員というわけではありません。このため、直接雇用と、派遣社員では、待遇に差が出る可能性があります。 期間工として働きたいという方の場合には、直接雇用で働きたいという方が非常に多いと言えるでしょう。それだけ、期間従業員の直接雇用は人気の仕事であると言えます。"

 期間従業員の直接雇用と派遣社員の待遇の違い

 "期間従業員 直接雇用と、派遣社員では、その待遇は異なると言えるでしょう。 たとえば、派遣社員の場合は、派遣会社に雇われる形になります。このため、派遣会社が中間として、マージンを受け取ることになります。 直接雇用の契約社員の場合、直接雇われる形になるので、直接雇用の方が基本的には待遇は良くなっていると言えるでしょう。 しかし、一概に直接雇用の方が待遇が良いとは言えない面もあります。これはなぜかというと、期間従業員 直接雇用の場合には、日給制になっていることが多く、一日どれだけ労働をしても一律での日給となります。しかし、派遣会社は時給制であることが多く、時給1400円程度の給与が設定されていることが多いです。 このため、満了金も含めると、派遣社員の方が高くなることが多いと言われています。この給料の差は、直接雇用で雇い入れるよりも、人数調整などで、派遣の場合にはすぐに解雇をすることが出来るため、給与を高めに設定していると言われています。このように、直接雇用にはメリットもありますが、一概に直接雇用の方が待遇が良いとは言えないので、自分の働くスタイルなどに合わせて、雇用形態を考えて見ることが必要であると言えるでしょう。"

 期間従業員の直接雇用のメリットとは?

 "期間従業員 直接雇用には、さまざまなメリットがあると言えるでしょう。まずは、会社都合での解雇となってしまった場合には、ハローワークにおいて離職票を出せば、失業保険を受給することが出来るというメリットがあります。しかし、派遣社員の場合には、派遣先の会社がすぐに次の仕事を用意すれば、会社都合での解雇という形になりませんので、失業保険を受給することが出来なくなってしまいます。 また期間従業員 直接雇用の場合には、正社員登用試験を受けることが出来るというメリットがあります。大手の企業では、期間従業員の正社員登用制度を設けており、長く経験した従業員には、こういった登用制度を受けるチャンスを与えていることが多いです。 しかし、派遣社員の場合には、こういった正社員登用試験を受けることが出来ませんし、派遣切りをされてしまった場合には、派遣会社にサポートをして貰うことができず、職場も家も失ってしまうというリスクもあります。また、期間従業員の直接雇用制度の場合には、仕事がなかった場合にも無料で契約期間は寮で生活することが許可されているなど、派遣社員と比較すると、企業側からのさまざまなサポートが期待できると言えるでしょう。"

 期間従業員の直接雇用の募集を見つける方法

 "期間従業員 直接雇用の求人を見つけるためには、どのような方法があるのでしょうか。まず、大手自動車メーカーなど、企業で期間従業員を募集をしているインターネットサイトなどのまとめサイトをチェックするという方法があります。 メーカーが直接募集をしている場合には、企業のホームページにおいて掲載されていますので、それらをチェックしましょう。 また、ホームページに掲載をされていないという場合には、現在は募集をしていない可能性があります。しかし、しばらくすると、募集を再開するという場合もありますし、タイミングが合わなければいけません。 小まめにチェックして、気になる会社をチェックすると良いでしょう。 期間従業員 直接雇用として働きたいという場合にも、実は面接をする際には、派遣会社を通した方がお得な場合があります。 派遣会社で登録をして、派遣社員になるというわけではなく、派遣会社から紹介をして貰って、直接雇用で働くという方法があります。この方法の場合、直接雇用として働きながら、派遣会社の入社祝い金などを受け取ることが出来ますし、スムーズに採用まで進む可能性が高いです。仕事内容や待遇などは同じなので、この方法がおすすめです。"

retractionwatch.com/2015/08/29/weekend-reads-ghost-authors-proliferate-science-goes-to-the-movies-pricey-grant-fraud/Weekend reads: Ghost authors proliferate; science goes to the movies; pricey grant fraud – Retraction WatchWant peer review in a day?No problem, says this journal(via Jeffrey Beall).