アルバイト・転職Journal@scholarlyoa

アルバイト・転職についてのアンケート結果や統計調査報告のバイト・転職Journal Publisherです。

30代の自分が日亜期間工に興味を持った理由

日亜期間工ってどんな仕事をするの?

"30代になって、今の仕事に疑問を感じていた自分は転職を決意しました。 自分が興味のある分野でいくつかの会社に応募したものの、あまり良い反応がなくがっかりしました。 例えば、自動車関連の仕事で「一般社員募集」というので応募したところ、内容は営業職だということでした。営業職として人に会ってモノを売ることは、自分にとってはすごいストレスになるので説明を聴いただけでやめました。 最初は正社員じゃなくても、会社の雰囲気を知ってから働いたら良いかもしれないと思い、期間社員で募集が出ている日亜期間工の仕事内容に興味をもったので、調べてみました。 日亜化学工業での期間社員、通称「日亜期間工」の仕事内容は製造でした。人見知りがあり、営業職はできない自分にはぴったりだと感じました。 何を製造しているかを調べたところ、電子部品や電池材料(粉体)、LEDなどの製造が中心のようです。開発業務は専門的に学んだ大学卒の理系の人に対する募集でしたが、製造業務は学歴もそれほど問われないみたいです。 自分の場合、慣れてくれば仕事はそれほど嫌じゃないのでこの仕事は向いているかもしれないと感じました。 期間工として社員になるのはそれほど難しいことではなさそうなので応募しようと決めました。"

実際の日亜期間工の仕事や研修はどんな感じ?

"日亜化学工業での期間社員を日亜期間工と呼んでいます。 実際に日亜期間工になると、どんなことから仕事を任されるのかが気になったので調べました。また、研修制度などはどうなっているのか、仕事の内容については丁寧に教えてもらえるのかは自分にとっては大切なことなので知りたいと思いました。 自分で口にすると「やる気のないやつ」と思われてしまうかもしれませんが、自分はどうしても「自分から行動する」というのが苦手です。決まった仕事をコツコツ真面目にこなすことならできるのですが、営業職のように自分で顧客のところに行ったり、約束を取り付けたり、営業じゃなくても教えてもらえずに「自分で考えて行動しろ!」と言われるような職場だと何をしたらいいのかわからずに焦ってしまうのです。 調べてみると日亜期間工では、期間社員として入社するとまずは班に分けられ、その班ごとに教えてもらったり仕事をしたりという感じになっています。 教えてもらうことは製造業務が中心で、実際に何をどのようにすれば良いかを指導され、できるようになってくると機械のオペレーターになるなど徐々に難しい仕事を任されるようになっていくようです。 自分は教えてもらえば真面目に仕事はできるので、やってみたいと感じました。"

日亜化学工業の期間社員、日亜期間工の将来性は?

"日亜化学工業の期間社員である日亜期間工の将来性について調べてみました。 自分の場合、あまり人と接する仕事が向いていないので製造業の日亜期間工は向いていると感じているのですが、やはり転職するとなるとその後の将来性が気になります。 期間社員から正社員への採用があるか、どんな人が昇格していけるのかを調べてみました。 まず、会社の傾向としては「以前の職場のネームバリュー」がけっこうモノをいうようです。例えば、一流企業の製造業務をしていた人や、自動車関連メーカーの製造業務をしていた人、さらにその中でも主任以上の経験者が中途採用されると正社員としての出世が早いようです。 期間社員からの正社員への昇格もあります。ただし、社員に認められて徐々に良い仕事を任されるといった形なので、やりがいを維持するのが大変な部分もあります。 褒められることがなくてもコツコツ真面目にやっていれば、上司が見ているというのなら良いのですが、社員に認められるためにはやる気やガッツをある程度アピールする必要があるようです。 自分の場合、上司なども相手によってはすごくうまくいくのですが、相性が悪い人とうまくやることが苦手なので難しいかもしれないと感じますが、転職先として将来性はあると思うのでチャレンジしてみたいと思います。"

日亜期間工を募集している日亜化学工業の将来性は?

"日亜期間工という名称で呼ばれる日亜化学工業の期間社員ですが、真面目に仕事をして上司に認められれば、契約期間満了後も再契約してもらえたり、望む人には正社員への道もあることがわかりました。 期間社員として転職して、そこで実力が認められて正社員になるというのは自分のように内気な人間にはぴったりだと思うので、期間社員として日亜期間工になりたいと感じます。 製造業としての日亜化学工業の将来性はどうなのかが気になったので調べてみました。 電子部品や電池の中身である粉末などを製造しているほか、日亜化学工業ではLED商品に関するものも多く製造しています。 時代は蛍光灯、白熱灯からLEDに変わっていくところですから、しばらくの間は安定した仕事があると思いました。 また、正社員になった後の給与についても気になったのですが、月給としてはさほど高くはないようですが、ボーナスは地方の工場にしてはかなり高いことがわかりました。 辞めずに長く働くことができれば、製造業にしては良い年収になると思います。 今30代の自分は、これを最後の転職にして長く働きたいと考えています。日亜化学工業に期間社員として入社できれば、その後認められるようにきちんと働いて社員になりたいと思いました。"

retractionwatch.com/2015/10/17/weekend-reads-angry-meta-analysts-imposter-cell-lines-when-things-go-wrong/Weekend reads: Angry meta-analysts; imposter cell lines; when things go wrong – Retraction WatchThe David Publishing Company is a “among the most annoying scholarly open access publishers,” says Jeffrey Beall.