アルバイトJournal@scholarlyoa

アルバイトについてのアンケート結果や統計調査報告をバイトJournal Publisherです。

おしゃれ系バイトがやりたい?ドトールコーヒーショップの体験談はこちら!

ドトールコーヒーショップで働いていた方の口コミをまとめました

【2018年6月4日追記】新たに1件のバイトの口コミを追記しました。

【2018年5月28日追記】新たに1件のバイトの口コミを追記しました。
 

最近は「おしゃれバイト」という言葉をよく耳にします。アパレルショップの販売員なんかがその代名詞と言えますが、こちらでご紹介するカフェのバイトもおしゃれバイトとして大人気!今回は、カフェバイトの中でも特に人気のドトールの口コミ情報をお伝えしようと思います。

 

 

ドトールコーヒーショップウイング上大岡店でバイトしていた方の口コミ

Q1:お店名は何ですか?
A:ドトールコーヒーショップウイング上大岡店
 
Q2:当時何歳でしたか?
A:ちょうど20歳~22歳の大学卒業まで勤務していました。

Q3:時給はいくらでしたか?
A:初めは860円スタートで、経験や技術を積むと時給アップするシステムでした。
最終的には、シフトリーダークラスまで行ったので、1030円もらっていました。

Q4:シフトや時間の融通はつけやすかったですか?
A:シフトは2週間に一度、希望シフトを提出する形でした。なので、よほど直前のシフト変更でない限り、テスト休みや旅行に関してはお店側で融通してくれることが多かったです。緊急で直前のシフト変更をする場合も店長が上手く都合付けてくれたり、スタッフ同士でシフトを交換してくれて乗り切れました。

Q5:どんな仕事内容でしたか?
A:朝の仕込み、ドリンクやフード(サンドイッチ)の調理、食器類の洗浄、注文を受けてのレジ打ち、コーヒー豆の販売、店内の清掃です。どのポジションも基本は一人で行っていました。

Q6:忙しかったですか?きついことはありましたか?
A:常になにかしら作業をしているので、いつも忙しかったです。
夏は足もとにある冷蔵庫から温風が出てくるのと、照明の光で、暑くて汗だくになるので辛かったです。ショッピングセンターの中にある店舗だったので、常にお店にはお客様がいる状態で、いつお客様が来店してもおかしくない状態でした。その為、いつも気が抜けなかったです。

Q7:人間関係は良かったですか?モラルは守られていましたか?
A:非常によかったです。私は朝番の時間帯に入っていましたが、その時間帯は主婦層のパートさんが多く、いつも我が子のように可愛がっていただき、仕事も色々と教えて頂きました。

Q8:将来役に立ったことはありましたか?スキルアップは望めましたか?
A:基本的な敬語の使い方や商品の勧め方やコーヒーの知識を学ぶことができました。コーヒーの知識は自分が飲むときだけではなく、年上の方と話す時に良い話題になります。

Q9:福利厚生など給与以外で得したなと感じたことはありましたか?
A:恐らく、この店舗特有のことだと思いますが、フランチャイズの系列店から、成人式の時にお祝いのケーキをいただきました。また、一日4時間以上勤務すると賄いとして、ミラノサンドとコーヒーをいただけたので、よく仕事が終わって学校へ行く前に食べていました。
 
Q10:楽しんで働けましたか?
A:とても楽しかったです。平日は朝だけだったので、主婦のパートさんに可愛がっていただきました。土日は学生アルバイトも朝からシフトに入っていたので、そこで同年代の知り合いもできて、飲み会をしたりもしていました。お客様も常連の方が多く、「頑張ってね」と入ってすぐからよく声をかけて頂いてました。常連のお客様がコーヒー豆を買いに来た時に、「あなたのオススメにするよ」と自分が勧めたものを買ってくださった時はとても嬉しかったです。

Q11:面接の内容はどのような内容でしたか?また志望動機はどう答えましたか?
A:朝昼夜のどの時間帯のシフトに入れるか?週何回くらい入れるか?
朝の場合は主婦層が多いが上手くやっていく自信はあるか?
というものでした。
志望動機は、当時習い事をしていてしっかり稼ぎたかったので朝の時給が高かったことと、自分の姉がドトールで働いていたことがあっていつも楽しいし良い職場だと聞いていたからと答えました。
ちなみに受けた店舗は姉とは違う場所です。

Q12:服装や身なりの規定はどうでしたか?
A:ピアス、ネイル、香水は禁止。爪は短く切ること。髪が長い場合は束ねる。その場合、ヘアゴムは黒、紺、茶にすること。染髪は金髪に近いようなあまりにも明るいものは禁止でした。
 
Q13:休みは取りやすかったですか?
A:2週間ごとのシフト制なので、前もって話しておけば休みは取りやすかったです。どうしても直前で休めない時は、スタッフ同士でシフト交換することもありましたが、ほとんどの方がお互い様だからと気分良く変わってくれました。

Q14:出会いなど恋愛の機会はある職場でしたか?
A:時間帯次第です。朝は主婦のパートさんが多くて、少ない学生バイトも女性ばかりでした。夕方~夜の時間帯は男性女性ともに学生バイトが多くなるので、出会いのチャンスは多いと思います。実際、スタッフ同士で付き合っている人は多かったです。お客様は年配の方が多かったので、店員とお客様の恋というのはなかったです。

Q15:仕事中は楽、暇でしたか?
A:仕事自体はオペレーション通りにこなしていけばいいので、慣れれば簡単です。しかし、ショッピングセンターの中にある店舗だったので、常にお客様が来店しており、土日は来客数が増えてものすごく忙しく、仕込みが追いつかないほどでした。また、コーヒーの単価が安いので、朝昼夜と何度も来店するお客様もいました。
 
Q16:働いてよかったことは何ですか?
A:毎朝コーヒーの香りの中でバイトができたことです。コーヒーが大好きだったので、毎朝仕込みの時間帯にコーヒー豆を挽く時間が至福の時でした。

Q17:バイトを頑張れた理由は何でしたか?逆に、辞めた理由は?
A:居心地のよさです。スタッフ同士仲が良く、お客様のいない仕込みの時間帯は世間話をしながら、準備をすることもありました。大学卒業のタイミングで辞めました。

Q18:自分が働いていたバイト先を勧めますか?理由は何ですか?
A:勧めます。様々な年代の方が働いているので、一緒に仕事をするだけでも社会勉強になります。客層も悪くないので、変なお客さんに絡まれたり、きつくクレームを言われたりということも少ないです。

Q19:ここだけの話!実際に働いていた私が絶対に伝えたいこと!
A:ドトールはフランチャイズや直営店があるので、お店によってだいぶ雰囲気が違います。なので、働きたい店舗には一度実際に足を運んでみることをオススメします。

以上アルバイト経験者の貴重なクチコミでした。

 

まとめ

ドトールコーヒーショップには、経験や技術を得ることでステップアップが望めるシステムがあるようです。単純労働系のアルバイトもいいですが、自分の頑張りが報酬アップに繋がるのってやりがいがありますよね。みなさんもおしゃれに働きながら、自身のステップアップを図ってみるのはいかがでしょうか。

今回はドトールのバイト経験者の口コミをまとめさせて頂きました。
今後も随時更新していきますので宜しくお願い致します。

 

ドトール天神橋2丁目店でバイトしていた方の口コミその1

【2018年5月28日追記】

Q1:お店名は何ですか?
A1:ドトール天神橋2丁目店

Q2:働いていた時期はいつですか?
A2:2015年12月~2018年3月

Q3:時給はいくらでしたか?
A3:930円

Q4:シフトや時間の融通はつけやすかったですか?
A4:とてもつけやすかったです。大学生でテストがあると、その期間は何も言わずにシフトを提出しなくても、なにもいわれませんでした。
逆にシフトに空きがあっても、入ることは強要されませんし、働きたいときには、言うとシフトに入れてもらえました。

Q5:どんな仕事内容でしたか?
A5:仕事内容はレジ、ドリンクを作る人、フードを作る人、洗い物をする人の4人に分かれて行います。それを1時間交代でまわしながら働きます。夜など人が少ないときは2人でお店を回したりもします。他にもフード商品の仕込みも行います。

Q6:忙しかったですか?きついことはありましたか?
A6:お昼のピークは人が多く気を抜ける暇が有りません。そのときはきついです。ドトールにはいってすぐは覚えることがたくさん有ります。
ドリンクの容量などを覚えるまでは他のスタッフにも迷惑をかけるのできつかったです。

Q7:人間関係は良かったですか?モラルは守られていましたか?
A7:ドトールは同じカウンターの中での業務がほとんどで、他の従業員も同じ場所で働きます。なのでそれぞれの距離が近く、コミュニケーションがとりやすいと思います。なのでスタッフ同士で仲がよくプライベートでも遊ぶほどです。

Q8:将来役に立ったことはありましたか?スキルアップは望めましたか?
A8:ドトールでは接客の基本を学ぶことができました。ドトールも飲食店で接客を行います。なのであいさつ、言葉遣いなどお客さんを悪い気にさせないような基本的なマナーはここで学ぶことができました。今でもそれは役立っています。

Q9:福利厚生など給与以外で得したなと感じたことはありましたか?
A9:給与以外では、他の飲食店のようにまかないは有りませんでしたが、一人1杯コーヒーがただでした。他にも社員割引が有り、全ての商品が3割引きぐらいの値段でした。しかし他の店に比べると得した気分にはなりませんでした。

Q10:楽しんで働けましたか?
A10:ドトールは同じカウンターの中での業務がほとんどで、他の従業員も同じ場所で働きます。なのでそれぞれの距離が近く、コミュニケーションがとりやすいと思います。なのでスタッフ同士で仲がよくプライベートでも遊ぶほどでしたので、楽しかったです。

Q11:面接の内容はどのような内容でしたか?また志望動機はどう答えましたか?
A11:店長が面接に立ち会ってくれました。重要視していたのはコミュニケーションが問題なくできるかどうかのようでした。志望理由を聞かれ家が近いからと答えました。それ以外は店長と世間話をして終わりました。学校の話などです。

Q12:服装や身なりの規定はどうでしたか?
A12:ドトールでは上下全て制服でした。靴は革靴で髪型は男性は耳にかからない程度、女性は髪の毛が長い場合後ろでくくり、ネイルは禁止です。ピアスも着用してはいけません。髪の毛を染めるのは派手な色はだめですが茶色は大丈夫です。

Q13:休みは取りやすかったですか?
A13:休みはとても取りやすかったです。テストがある週などは一度も入らないことや、忙しく1ヶ月3回しか入らない日もありました。
しかしシフトに関して店長に何か言われたことも無く、自由にシフトをきめ心地よく働くことができました。

Q14:出会いなど恋愛の機会はある職場でしたか?
A14:カフェは女性が働くことが多いので、男性がここに入れば十分に可能性はあると思います。実際に私の先輩は入って2年ぐらいで年上の女性と付き合っていました。他にもちらほらカップルは誕生していましたが、私自身は無かったです。

Q15:仕事中は楽、暇でしたか?
A15:私は夜にメインで入っていました。なので比較的に暇でした。しかしドトールでは完全にやることが無いという状況は少なく、暇すぎるということはなかったです。時間があるときに明日のドリンクやフードの仕込みを行います。

Q16:働いてよかったことは何ですか?
A16:ドトールは同じカウンターの中での業務がほとんどで、他の従業員も同じ場所で働きます。なのでそれぞれの距離が近く、コミュニケーションがとりやすいと思います。なのでスタッフ同士で仲がよくプライベートでも遊ぶほどでした。仲間ができてよかったです。

Q17:バイトを頑張れた理由は何でしたか?逆に、辞めた理由は?
A17:私がバイトをがんばれた理由はまず最初にドトールと家が近いからです。通勤時間は歩いて10分でしたので、夜遅くかえっても大丈夫なのと朝早くてもぎりぎりまで寝ていられるのが一番大切なことでした。
辞めた理由は留学です。

Q18:自分が働いていたバイト先を勧めますか?理由は何ですか?
A18:あまりお勧めはできません。なぜなら時給があまり高く有りません、大阪の中心地なので時給が1000円越えることろはたくさん有ります。
ですので900円台なのはもったいないと思います。さらにまかないも無いので一人暮らしの人にはお勧めできません。

 

ドトール天神橋2丁目店でバイトしていた方の口コミその2

【2018年6月4日追記】

Q1:お店名は何ですか?
A1:ドトール天神橋2丁目店

Q2:働いていた時期はいつですか?
A2:

2015年12月~2018年3月

Q3:時給はいくらでしたか?
A3:

930円

Q4:シフトや時間の融通はつけやすかったですか?
A4:

非常につけやすかったです。テスト期間や旅行などで長期間シフトを提出できない場合でも、店長に何も言われません。逆にシフトに空きがあれば当日でも店長に連絡して働くことができました。1ヶ月に3回だけの出勤もありました。

Q5:どんな仕事内容でしたか?
A5:

レジ、ドリンクを作る人、フードを作る人、お皿を洗う人の4つの役割があり、その役割を1時間ごとに交代しながら仕事を行います。他に次の日を食材の仕込をしたりなど様々な仕事が有り、飽きることがなかったです。

Q6:忙しかったですか?きついことはありましたか?
A6:

カフェはレストランと違ってお客さんが時間関係なく来店します。お昼は昼ごはんを求めて来店数が増えるので忙しいです。私は基本的に夜に出勤していたので比較的来店が少なくそこまで忙しい体験をしたことがなかったです。

Q7:人間関係は良かったですか?モラルは守られていましたか?
A7:

ドトールは同じカウンター内で仕事します。全てのスタッフが同じ場所にいてコミュニケーションが取れるので、人間関係はよかったです。私は定期的にアルバイト時間外で飲み会などのイベントが有り楽しんでいました。

Q8:将来役に立ったことはありましたか?スキルアップは望めましたか?
A8:

高校生で卒業する前に始めたので、接客の基本はドトールで学ぶことができました。レジの人は接客を行います。よって大学生になり他のアルバイトをはじめたときに基本が出来上がっていたので、特に新しいことに困ることなく働けました。

Q9:福利厚生など給与以外で得したなと感じたことはありましたか?
A9:

ドトールは同じカウンター内で仕事します。全てのスタッフが同じ場所にいてコミュニケーションが取れるのでスタッフ同士が中がよく友達をつくることができました。なのでアルバイトの時間外で遊ぶことも多々あり、楽しかったです。

Q10:楽しんで働けましたか?
A10:

はい、楽しく働くことができました。ドトールでは特に勤務中に話すことを禁じられていなかったので、お客さんが少ない時間などはスタッフ同士でコミュニケーションをとっていました。さすがに大声で笑いながら話すのはだめですが、楽しかったです。

Q11:面接の内容はどのような内容でしたか?また志望動機はどう答えましたか?
A11:

店長が面接官でした。ドトールは接客も行うので、ちゃんと接客できるかを重要視していました。なので店長との世間話が主な面接の内容です。また志望理由は聞かれました。そのときは家が近いからと正直に答えました。

Q12:服装や身なりの規定はどうでしたか?
A12:

ドトールには制服があり、その着用が必須でした。飲食店なので清潔感が大切で、男性は髪が耳にかからない程度がよくて、女性はピアス、ネイルなしで髪が長い場合は後ろで束ねます。髪染めは茶色くらいの色であれば許されていました。

Q13:休みは取りやすかったですか?
A13:

非常にとりやすかったです。テスト期間や旅行などで長期間シフトを提出できない場合でも、店長に何も言われません。逆にシフトに空きがあれば当日でも店長に連絡して働くことができました。1ヶ月に3回だけの出勤もありました。

Q14:出会いなど恋愛の機会はある職場でしたか?
A14:

ドトールは同じカウンター内で仕事します。全てのスタッフが同じ場所にいてコミュニケーションが取れるのでスタッフ同士の仲がよかったです。さらにカフェは女性が多く、実際に先輩同士で恋愛関係になっていました。

Q15:仕事中は楽、暇でしたか?
A15:

お昼のピークは忙しいですが、夜は比較的にお客さんの来店が少ないです。しかしドトールは次の日の食材の仕込みなどすることがあるので、完全にすることがなくて暇なことが少ないです。暇さもちょうどよかったです。

Q16:働いてよかったことは何ですか?
A16:

ドトールは同じカウンター内で仕事します。全てのスタッフが同じ場所にいてコミュニケーションが取れるので、スタッフ同士中がよかったです。私は定期的にアルバイト時間外で飲み会などのイベントが有り楽しんでいました。

Q17:バイトを頑張れた理由は何でしたか?逆に、辞めた理由は?
A17:

ドトールでは特に勤務中に話すことを禁じられていなかったのでお客さんが少ない時間などはスタッフ同士でコミュニケーションをとっていました。さすがに大声で笑いながら話すのはだめですが、仲がよかったのでがんばれました。

Q18:自分が働いていたバイト先を勧めますか?理由は何ですか?
A18:

勧めます。スタッフ同士で仲良くできるので楽しい職場だと思います。しかし高時給を求めている人にはお勧めしません。大阪の梅田にも近いので時給が1000円を超えることろもすくなく有りません。そういう人には違う場所をお勧めします。