アルバイトJournal@scholarlyoa

アルバイトについてのアンケート結果や統計調査報告をバイトJournal Publisherです。

藤沢で働きたい?それならバイトの口コミを読んでみよう

今回は藤沢のバイト経験者の口コミについてまとめました

どんな仕事でも人間関係は悩みの種です。
同じ様な職種でも、働いている人間次第でその働きやすさはガラリと変わります。こちらの口コミでは、そんな人間関係についてのあれやこれやをいろいろと語ってくれているようです。

 

セブンイレブン藤沢片瀬五丁目店でバイトしていた方の口コミ

Q:お店名は何ですか?
A:セブンイレブン藤沢片瀬五丁目店

Q:当時何歳でしたか?
A:20代後半

Q:時給はいくらでしたか?
A:深夜のシフト中心だったので、1,150円でした。
22:00~6:00を週5で入れていたので20万前後の収入でした。

Q:シフトや時間の融通はつけやすかったですか?
A:とてもつけやすかったです。
急な用事が入り、出勤できない場合もすんなりと受け入れてもらえたので助かりました。
時間に余裕があるときなども、その旨を伝えれば21:00からの仕事開始や6:00以降まで働くこともでき、本当に自由に働くことができました。

Q:どんな仕事内容でしたか?
A:自分の担当はレジでした。
他にも女性のバイト仲間がいましたが、深夜ということで客層は昼とは変わりそれなりの危険性があり、男性である自分が担当していました。
客が途絶えたときは配列の手伝い店周辺の見回りなども定期的に行っていました。

Q:忙しかったですか?きついことはありましたか?
A:湘南エリアということで、深夜でも人はとても多かったです。
客層は20代~30代と若い世代が多いのですが、お酒が入った状態で来店される方が多く、中には絡んできたり何かにつけて文句を言ってくるお客もいて対応に気を使いました。
そういった客は日に1人は必ず来店するので、そういった人への接客は辛かったです。

Q:人間関係は良かったですか?モラルは守られていましたか?
A:とても良かったと思います。
18~50代後半の方がバイト仲間にいましたが、どなたも穏やかでアットホームな働きやすい職場でした。
一般的なモラルはもちろん、仕事も教えを活かし一人一人が働く人間としての意識の高さを感じました。
仕事時間外での付き合いもあり、信頼関係なども築けていました。

Q:将来役に立ったことはありましたか?スキルアップは望めましたか?
A:接客業ということで、人との接し方について学ぶことができました。
性別や年代、感受性など人さまざまです。それらの人の表情や仕草などから、その時の心理状態を把握し、どう接するかという自分なりの接客法を構築することができたのは大きかったです。

Q:福利厚生など給料以外で得したなと感じたことはありましたか?
A:給与以外での得といえば、期限切れの弁当などがたくさん出るので、そういった食料品を無料でもらえることでした。
これだけで日々の食事を済ませることができるほどなので、人によっては食費はほとんどかからないと思います。

Q:楽しんで働けましたか?
A:とても楽しい時間でした。人とのふれあいを密に感じることができた良い経験でした。

Q:面接の内容はどのような内容でしたか?また志望動機はどう答えましたか?
A:最初に、休日は何をしているのか、趣味は何なのかを聞かれました。
学生のころから続けているスポーツのことを話したら印象が良かったのか、その後の会話はフレンドリーなものとなり、まるで友人と話しているかのような雰囲気でした。
動機は素直に、海沿いで働きたかったこと、シフトが調整しやすいこと、と伝えました。
さいごに週に何日出勤できるかを聞かれたので、5日と伝えて終了しました。

Q:服装や身なりの規定はどうでしたか?
A:奇抜な髪型や服装、カラーリングはNGでした。
リングやピアス、その他アクセサリーなどの装飾品もすべてNGでした。
カジュアルな服装を意識しろと告げられていました。

Q:休みは取りやすかったですか?
A:ほぼ自分の思い通りに休日をとることができました。
働いていた期間中は、自分が希望した日に休日が取れなかったことは1度もありませんでした。

Q:出会いなど恋愛の機会はある職場でしたか?
A:
たくさんのバイト仲間がいるので一緒に時間を過ごすうちに親しくなるので、たくさんの機会があると思います。
自分は深夜中心だったのですが日勤のときもあり、このときに一緒に仕事をしていた19歳の女の子と仲良くなりました。

Q:仕事中は楽、暇でしたか?
A:一度仕事を覚えてしまえば、仕事自体は難しくありません。
人の流れは深夜でもそれなりにあり、店周辺の警戒もしていたので暇ということはありませんでした。
週末や年末年始、GWや夏季などは特に人が昼夜問わず流れてくるので、その時期は目が回るくらいの忙しさでした。

Q:働いてよかったことは何ですか?
A:何よりもさまざまな人にふれあえたことです。
たくさんの人に出会い知ることで、自分自身を見つめ直し、これまでの考え方やありかたを見直すことができたのは今後にとって、とても意義あることだと思います。

Q:バイトを頑張れた理由は何でしたか?逆に、辞めた理由は?
A:何よりも楽しかったです。
職場に自分の居場所があり、仲間が迎えてくれる、これがとても嬉しくて生きがいでした。
他にやりたいことが見つかり、神奈川県を離れることになり辞めたのですが、可能であれば続けていたかったです。

Q:自分が働いていたバイト先を勧めますか?理由は何ですか?
A:お勧めします。
人と密にふれあえる時間は大きな財産になります。
親しい仲間もでき、学生生活のような感覚でとても楽しいです。
辛いこともありますが、それを助けてくれる仲間がいて、共に乗り越えたときの達成感とそれらをともに喜ぶ一体感は青春じみていて心地いいです。

 

まとめ

バイトでどんな人と知り合い、どんな交流があったか、人間関係に恵まれるということがどんなに生活を豊かにするのか、あらためて感じることができる口コミです。
バイトでいろいろなことが学べて、その後の人生の糧になるのですね。
今後随時更新していきますので宜しくお願い致します。