アルバイトJournal@scholarlyoa

アルバイトについてのアンケート結果や統計調査報告をバイトJournal Publisherです。

小田原でバイトしている方の口コミを紹介!経験談だからこそわかる実情とは?

今回は小田原のバイト経験者の口コミについてまとめました

仕事を探すってなかなか大変です。
給料や福利厚生がどんなによくても、自分にとって働きやすい環境でなければあまり意味がありませんよね。
そんな時に役に立つのが、いわゆる「経験談」というやつです。
今回は小田原のユニクロで働いていた方の口コミをご紹介しましょう。
今後随時更新していきますので宜しくお願い致します。

 

ユニクロのフレスポ小田原シティーモール店でバイトしていた方の口コミ

Q:お店名は何ですか?
A:ユニクロ フレスポ小田原シティーモール店

Q:当時何歳でしたか?
A:20代半ば

Q:時給はいくらでしたか?
A:950円でした。
当時ではなかなか高く、遅番の方はプラス50円でした。

Q:シフトや時間の融通はつけやすかったですか?
A:ある程度時間は固定されていました。
店舗が広くスタッフも多かったので、同じ時間帯のアルバイトやパートさん同士は代わりやすかったです。

Q:どんな仕事内容でしたか?
A:たくさんあります。
早朝の掃除機がけ、レジ、品だし、トルソー(マネキン)のコーディネート、補正などです。

Q:忙しかったですか?きついことはありましたか?
A:土日はとにかく忙しかったです。10時から17時までずっとレジにいるということもよくありました。

Q:人間関係は良かったですか?モラルは守られていましたか?
A:縦社会でしたが、人間関係は忙しいのもあり、よかったです。顧客満足第一なのでモラルやマナーは徹底されていました。

Q:将来役に立ったことはありましたか?スキルアップは望めましたか?
A:すごくありました。
挨拶やお辞儀の仕方などの基礎から、アルバイトでも顧客満足のためにどうすればいいか、売れる売り場づくりなど責任感のある仕事をたくさん任せられていました。

Q:福利厚生など給料以外で得したなと感じたことはありましたか?
A:社員割引がありました。表示されている価格の7割でいつでも購入できました。

Q:楽しんで働けましたか?
A:とにかくやりがいのある仕事でしたので楽しかったです。
お店の営業時間は忙しくてあまり話せませんでしたが、オープン前の掃除時や休憩中はパートさんをはじめ、とてもいい雰囲気でした。

Q:面接の内容はどのような内容でしたか?また志望動機はどう答えましたか?
A:ユニクロの服を愛用していることを伝えました。
面接は志望動機や入れる時間や日数など、よくある面接内容でした。

Q:服装や身なりの規定はどうでしたか?
A:ユニクロは髪色のOKレベルが決まっていましたので、髪色は厳しかったです。
また、服はユニクロの服を着なければいけませんでした。

Q:休みは取りやすかったですか?
A:シフトは1ヶ月前に提出でしたので、その時点で出せたものに関しては、特に少なくても指摘はされませんでしたが、土日は必須の暗黙のルールはありました。

Q:出会いなど恋愛の機会はある職場でしたか?
A:私自身は特に何もありませんでしたが、男女ともに多い職場だったので職場同士の恋愛はよくありました。

Q:仕事中は楽、暇でしたか?
A:営業時間内は暇な時間はほとんどありませんでしたが、それがかえって円満な秘訣だったと思います。

Q:働いてよかったことは何ですか?
A:大学生の時点で社会人になるための準備をしっかりできました。
小さなことから人間関係までたくさんのことを学べました。
また、ズボンの裾上げもやっていたので、日常生活にも役立ちました。

Q:バイトを頑張れた理由は何でしたか?逆に、辞めた理由は?
A:給与が良かったのと、マネキンのコーディネートをほめられたりとたくさんのやりがいがあったので頑張れました。
大学卒業を機に辞めましたが、本当にいい職場でした。

Q:自分が働いていたバイト先を勧めますか?理由は何ですか?
A:土日出勤が難しくなければお勧めします。
7時45分から13時までとパートさんに向く時間帯もありますし、いろんな業務があって固定でそれだけをやっている人もいました。
やりがいも感じられるし、働きやすい環境だからです。

 

まとめ

こうして見ると、ユニクロは給料が高い分、接客マナーやモラルに厳しいということがうかがえます。そしてその分、しっかりとしたスキルも身につくようです。
ご紹介したアルバイト経験者さんのように、単純にお金が手に入るというだけでなく、将来役に立つ知識や技術が手に入るアルバイトを選ぶ方が、結果的にはお得なのかもしれませんね。