アルバイト・転職Journal@scholarlyoa

アルバイト・転職についてのアンケート結果や統計調査報告のバイト・転職Journal Publisherです。

20代こそ転職にはエージェントを使おう!経験者が語るエージェントの使い方とは

 


一般的に企業の中で「若手」と位置付けられる20代の方でも転職を検討される方は決して少なくありません。

「新卒で入社したけどこんなハズじゃなかった」「仕事をしているうちにここではできないキャリアアップに挑戦したい」など、理由は様々です。

 

転職エージェントを活用する方が目立つ30代の転職活動と違い、20代の方は新卒就職活動の時の印象が強く残っているため、転職サイトの活用や企業への直接応募など、自力で転職活動を完結しようとする方が多いです。

しかし、私はやはり20代の転職活動でも転職エージェントの活用をオススメします。
 

私自身は30代の現時点までで2度転職歴がありますが、1度目の転職は20代後半でした。

その際転職エージェントを活用することで、スムーズな転職活動、内定獲得ができたと思っております。今回は20代の転職におけるエージェント活用のススメについて、実際に私が行った転職活動時の経験も交えながらご紹介します。


 

転職エージェントとはどのようなサービスか

この記事を読まれる方の中には「そもそも転職エージェントって何」と思われている方も多いと思います。

詳細は別の記事にて説明しておりますが、転職エージェントとはただの求人サイトとは違い、転職の希望条件のヒアリング、転職案件発掘から内定後の給与交渉に至るまで一貫して皆様の転職をサポートしてくれるサービスです。

 

20代の転職においてエージェントの活用をオススメする理由


転職に慣れきっている方なんてそうそういません、まして20代の転職であれば、転職が初めてという方も多いでしょう。20代の転職者はまだスキルが客観的にみて未熟もしくは途上の方が一般的。

従って、採用担当者は「ポテンシャル」や「現在のスキルの応用性」と一定程度今後の成長の可能性を見ながら採用可否を決定します。

 

この、「現在はまだまだでも、今後伸びれば強い戦力になる」と相手に思わせるためには、現時点でのスキルや今後のキャリアに対する考え方などの伝え方にコツが必要です。

しかし、一般的な20代の社会人はそういったことに不慣れなため、ただ闇雲に転職活動をしても、採用担当者にミスマッチな印象を抱かせてしまいがちです。

そこで、転職エージェントのアドバイスを聞きながら、自分の能力やキャリアの考え方を整理することが、転職先の内定獲得への近道といえるのです。

 

また、これも客観的に見ればスキルの発展途上であることに起因するのですが、20代の転職希望者で、自身のスキルセットと自身の転職希望先に求められるスキルが100%合致していることは稀で、自分の赴くままに企業へ応募しても、自身の現在のスキル+ポテンシャルとその企業が求めるそれらに乖離があり、なかなか内定に届かないことが多いです。

一方、転職エージェントは皆様のスキル・希望・キャリアに対する考え方などを総合的に勘案し、皆様にとってベストな応募先企業を提案してくれますので、内定がグッと近くなるのです。

 

私が20代で利用した転職エージェント「エグゼクティブリンク」活用による転職成功事例


さて、この章では私の転職体験談をご紹介します。冒頭ご紹介の通り私は1度目の転職を20代後半に経験しております。

私は新卒で大手証券会社にて投資銀行部門の仕事をしておりましたが、後段の紆余曲折を経て、外資系コンサルファームへ転職しております。

 

実はここに記載している記事内容に反し、当初は転職のやり方がよくわからず、エージェントを利用することなく、大手の求人サイトを見て何となく気の向くままに応募しておりました。

当時の職を続けながら転職活動をしていたこともあったのですが、やはり漫然と応募するだけではなかなか先へ進めず、書類落ち、せいぜい第一次面接で落ちる日々が数か月続きました。

 

正直転職をしなくてもいいのではないかと考えたタイミングもあったのですが、改めて考えるうちに、コンサルファームでのM&Aアドバイザリーに興味がわきました。

この時点でもそこまでスキルや希望をクリアにして臨んだわけではなかったのですが、コンサルファームに特化したエージェント「エグゼクティブリンク」に相談することにしました。

 

自身のスキルや希望、キャリアに対する考え方などを、エージェントともに再整理した結果、外資系コンサルファームでの内定獲得余地がある一方、「M&Aアドバイザリーに絞るのは危険」との判断となりました。

最終的に、いわゆる会計系の外資系コンサルファームの金融セクターへのコンサルティングサービス部隊と、M&Aプロジェクトにおいて資産算出などを主に行うFASという業務の部門に応募しました。

コンサル志望でありながら、この「金融専門のサービス部隊」の求人が存在することは知らなかったのですが、この職をご紹介いただいたことは非常に幸いでした。

 

というのも、最終的にFASについては全て落選。エージェントの読み通り投資銀行でもM&Aか、せめてIPOの素養がないと難しいとのことでした。

私はそのいずれについても経験がございませんでした。

一方、金融専門サービスについては、そもそも私自身が証券会社出身であることで親和性がありますし、ここはM&Aにとどまらず多様なプロジェクトがありますので、投資銀行特有の「プロジェクトベースの働き方」の経験があるだけで充分戦える、と先方採用担当者に判断してもらうことができました。

 

このように転職エージェントのおかげで、私のやりたいこと、と私のできることをギリギリのバランスを取りながら応募先を提案してもらい、私が希望していた外資系コンサルファームへの転職を実現することができたのです。

 

タイプ別のお勧めの転職エージェント

さて、最後の章では20代の方にお勧めの転職エージェントをいくつか紹介していきたいと思いますが、ひとくくりに20代と言っても、置かれている環境は異なるかと思います。

ここでは、すべての人にお勧めの転職エージェント、第2新卒、30代手前それぞれの転職エージェント活用法、と3パターンに分けてご紹介します。


 

すべての人にお勧めの転職エージェント


まず、すべての20代におススメなのはやはり扱う業種が広く案件数も多い大手求人サイト系の転職エージェントでしょう。

リクルートエージェント、DODAエージェント、マイナビエージェント等、20代の方からしてみれば新卒の際もお世話になっていて、なじみのある方も多いのではないでしょうか。

後段で紹介するエージェントにいきなり相談するのがいいのかわからない、まずは幅広く自分の可能性について聞いてみたい、と転職活動の入り口の相談先として最適でしょう。

 

第2新卒の方は大手求人サイト系エージェント中心。相談先を増やすことも一案


次に第2新卒の方の転職エージェント活用法ですが、まず利用するサービスは基本的には上記で紹介した大手求人サイト系のエージェントを利用することが良いかと思います。

 

第2新卒の候補者は一般的にはまだ特定の専門スキルをまだ持っていない人材です。悪く言えば「どの業界にも強みを発揮しにくい」と言えます。一方、若さを背景としたポテンシャルによりどの業界でも「伸びる余地がある」と思わせられる可能性もあります。

 

強力な専門スキルを持っていない以上、始めから現職の同業や、特定の業界に絞った転職活動は不要ですし、リスクを高めるだけでしょう。その点大手求人サイト型であれば、候補者の希望や状況を踏まえながら、幅広い選択肢から適切な転職活動戦略を一緒に考えてくれます。

 

さて、第2新卒候補者がエージェントを活用するときのポイントですが、まず「複数のエージェントに登録すること」。まだまだ自分なりのスキルやキャリアの方向性が未知数の場合が多いので、多くのエージェントの話を聞き、また望ましい転職応募先を慎重に選択していくのがいいでしょう。

 

また、「エージェントには自分なりには希望をもち、出来ることはしっかりアピールする」スタンスで臨みましょう。

スキル未熟、特定の業界への集中は危険と書きましたが、これは客観的に見た話で、なにも候補者自身はこれら状況を受けて謙虚になる必要はなく、むしろそうすべきではありません。転職エージェントも、そしてその後受ける企業の採用担当者も、候補者の姿勢や積極性からポテンシャルを判断しています。例え客観的には未熟かもしれなくても、「自分なりに自分のスキルを棚卸しし、また志望の軸を持つ」ことがとても重要になります。

 

エージェントに相談する際は、必ず自分なりのスキルと強み、そして希望条件や業種、職種を明確にして相談しましょう。エージェントはそこを土台として、候補者が考える自身のポテンシャルや特徴を如何に企業に「受ける」形に答え方をアレンジするかアドバイスしてくれます。そして、皆様の希望を踏まえながら、皆様を受け入れ、育ててくれる企業候補を提案してくれるでしょう。

 

第2新卒を過ぎた30代手前の転職希望者には、業界特化型がオススメ


社会人丸3年以上の20代の方は、一定程度専門性を身に付けながらも、まだまだポテンシャルでの採用も通りうる時期。いずれを訴求することができるため、この時期は転職がしやすいともいえます。

さて、この年代の場合は、冒頭の大手エージェントを利用するのも可ですが、もし希望する業種と自分なりの強みがある程度明確ならば業界特化型エージェントに相談するのも良いでしょう。

例えば私が利用したコンサル系の「エグゼクティブリンク」、金融であれば「コトラ」など、各業界様々な転職エージェントがあります。

 

30代手前の方であれば、20代とは言え一定程度自分なりのスキルを獲得している方も多いでしょう。

そのスキルを活かしながら、自分の求める業界への転職チャンスを広げるため、その業界に特化したエージェントへの相談が最適なのです。前章の私の経験のように、転職エージェントに自身のスキルや希望を伝え、その業界に応用できる形で伝え方をカスタマイズしつつ、業界の中で「ここならそのスキルでも戦える」という先を転職エージェントと一緒に見つけだしていくことで、皆様の希望する業界への転職可能性が高くなるでしょう。

 

この場合の転職エージェントに相談するうえで大事なことは「自分のスキルをどのように説明すれば希望先で生かせると思ってもらえるか」を強く意識することです。ただ端的に伝えるだけでは、よほど同じような仕事でない限り「ウチでも使える」と思ってもらうことは難しいでしょう。

転職エージェントもこの点は重々意識してアドバイスしてくれますが、自分から率先して自身のスキルの応用性を考え行くことで、よりスムーズに転職先を絞り込むことができるようになります。

 

まとめ


20代の転職は「自分のスキルで転職することが可能なのか」「不用意に転職して後で後悔するんじゃないか」とあれこれ悩みながら、迷いながら転職活動を行う方が多いと思います。採用担当者からしても基本的にはポテンシャル採用の要素が一定程度あるため、採用後に育成することが求められる「リスクの高い」採用と言えます。

そのような20代と言う時期の転職においては、お互いのミスマッチを最小化し、スムーズな転職活動の遂行と皆様にとって最適のキャリアの選択が可能となるよう、ここにご紹介したように転職エージェントの活用をお勧めいたします。

自分自身で悩みながら闇雲に応募するよりも、皆様のキャリアにとってプラスの結果となる可能性がグッと高まることでしょう。