アルバイト・転職Journal@scholarlyoa

アルバイト・転職についてのアンケート結果や統計調査報告のバイト・転職Journal Publisherです。

大企業から中小企業への転職ってどうなの?メリット・デメリットを徹底比較!


毎日の約3分の1を過ごす会社。 あなたは、今、勤めている会社で働き続けることに満足を感じていますか。

日本国内の大企業の割合は0.3%。残りの99.7%は中小企業が占めていると言われています。この数字だけを見ると、給与が高く、福利厚生等の待遇が良いと言われている大企業の少なさが分かります。

一般的に、入ることが難しいと言われている大企業。その狭き門である大企業への就職を目指す人達の傍ら、大企業から中小企業に転職をする人達が存在します。

今回は、実際に大企業から中小企業に転職をした人の体験談や、比較をした時のメリット・デメリットについて紹介します。

 

 

大企業と中小企業の定義とは


「大企業」と「中小企業」の定義をご存知でしょうか。

 

実は、「中小企業」は法律によって定義が決められていますが、「大企業」は定義がありません。一般的には、「中小企業」の定義に当てはまらない企業のことを「大企業」と表しています。

 

「中堅企業」も法律での定義はされておらず、「大企業のうち小規模のところ」や「中小企業のうち大規模なところ」を指す言葉として使われることが多いようです。

 

「中小企業」は、中小企業基本法において、以下のように定められています。

 

業種

中小企業者
(下記のいずれかを満たすこと)

小規模企業者

資本金の額又は
出資の総額

常時使用する
従業員の数

常時使用する
従業員の数

①製造業、建設業、運輸業
  その他の業種(②~④を除く)

3億円以下

300人以下

20人以下

②卸売業

1億円以下

100人以下

5人以下

③サービス業

5,000万円以下

100人以下

5人以下

④小売業

5,000万円以下

50人以下

5人以下

(参考HP:中小企業庁「中小企業・小規模企業者の定義」*一部抜粋)

 

ここでのポイントは、業種によって中小企業者に合致するかの条件が異なってくるという点です。ただ、難しいところは、上記の定義は、あくまでも個別の中小企業施策における基本的な政策対象の範囲を定めた「原則」ということ。

 

これは、各法律や支援制度における「中小企業者」の定義と異なることがあり、補助金の申請などで混同されることもあるため、必要であれば法律の所管担当や各窓口でご確認されることをお勧めします。

 

また、ゴム製品製造業や旅館業などは、中小企業関連立法において、政令により中小企業とする場合があります。

 

ゴム製品製造業(一部を除く)

資本金3億円以下または従業員900人以下

旅館業

資本金5千万円以下または従業員200人以下

ソフトウェア業・情報サービス業

資本金3億円以下または従業員300人以下

 

ちなみに、弁護士法人などの士業法人や、農業法人(会社法の会社又は有限会社に限る。)は中小企業基本法上の中小企業者に該当します。しかし、医療法人は中小企業基本法に規定する「会社」に該当しないと解されていることから、中小企業者には該当しません。

 

次は、その大企業と中小企業で働いた時のメリット・デメリットについて紹介します。

 

(参考URL)

 

 ○中小企業庁「中小企業・小規模企業者の定義」
 http://www.chusho.meti.go.jp/faq/faq/faq01_teigi.htm

 ○中小企業庁「中小企業者の範囲が異なる事例(医者、農家の例)」
 http://www.chusho.meti.go.jp/faq/faq/faq01_teigi.htm

 〇中小企業庁「中小企業基本法上の会社の定義」
 http://www.chusho.meti.go.jp/faq/faq/faq01_teigi.htm

 

大企業で働くメリット

 

福利厚生や手当が充実している


企業により、特徴やばらつきはありますが、大企業は中小企業と比べると福利厚生や手当が整っています。

年金・保険制度の充実から、社宅の完備や引越・住宅補助、保養施設利用、資格支援。他にも、住宅購入時の補助や単身赴任手当、首都圏勤務手当などもあるところが。

もちろん、出張手当や残業代も支給されます。中小企業と比較をすると、ボーナスや昇給も期待でき、退職金制度は、しっかりしています。

最近では、子育てをしながら働きやすい環境を整えるため、産休や育休制度も整備がされてきています。

 

事業規模が大きく、社会に対するインパクトが強い


大企業は中小企業よりも資金を有しており、事業に対して動かせる金の額が大きいことから、自然と事業規模が大きくなります。結果、社会に対するインパクトも強くなり、今まで以上に社会的信用やネームバリューが高まっていくことも。

また、製品開発や投資案件にも資金を注ぎ込むことができます。中小企業の場合は、良いアイデアを持っていても、少ない予算の中でやり繰りをしたり、資金集めに奔走することもあります。

結果、製品やサービスの完成度が低くなり、大きなビジネスに発展させていくことが難しくなったりすることがあります。

 

管理職までは年功序列で出世していけるし、年収も平均より高い


大企業は、一般的な平均収入を大きく上回ることが知られています。また、日系の多くの大企業は、仕事ができる・できない、仕事をしている・していない、に関わらず、管理職までは年功序列で出世をしていきます。

万が一、ポスト(役職)が足りなくなった場合は、ポストを増やすことも。昨今、大々的なリストラを行っている大企業もありますが、リストラによる退職金は満額以上に貰えたりもします。

その点、中小企業の場合は、会社が傾いてきたらリストラされる、ギリギリの人数で業務を回していたため、病気による長期休暇を申請したら解雇されたりします。

 

優秀な人材が多く、企業コンプライアンスが認識されている


大企業は、もともとの地頭が良いなど、一定レベルの人材を採用することから、恵まれた仕事仲間に巡り合う確率が高くなります。また、モラハラなんてとんでもない!と最低限のマナーを守ることができる人材も多いです。

もちろん、中小企業にも優秀な人材は存在しますが、大企業のように数多く採用ができるわけでもないので、当然のことながら確率は低くなります。結果、能力や理解力の差から、簡単に物事が運ばなかったりすることがあります。

また、大企業では、企業が守るべきコンプライアンスが認識されており、体制の整備が進んでいますが、中小企業の場合は人手や時間が足りないという点から、整備が遅れがちです。

 

業務の範囲が決まっている、会社の備品が良い…etc


大企業は組織がしっかりしていることから、個人の仕事の範囲が明確に分かれています。業務の中では、雑用も発生しますが、多くの大企業は、派遣社員に雑用を担当させています。

結果、正社員は自分の専門の仕事に専念できることが。中小企業の場合は、一時的なものは別として、基本的に雑用をやらせるための人材を雇ったりはしません。また、大企業は、社員の働く環境を豊かにするため、椅子や備品が整っています。

 

中小企業で働くメリット

 

大企業が入り込まないマーケットで仕事ができる


中小企業は、大企業と利益を稼ぐ方法が異なります。例えば、大企業が利益見込み何十億円を目指して巨大マーケットに参入したとしても、中小企業も同じことをする必要はありません。

むしろ、大企業が入り込まないマーケットでシャアのトップを目指すことができます。全国では名を知られていないけれども、地元の人達からは圧倒的な認知度がある、という具合です。

自分達の強みを軸に、マーケットを絞っているからこそ、細く長く経営が続いている中小企業は意外と多いものです。

 

業務の範囲が決まっていないからこそ身に付くことがある


大企業の中には、経営人材を育てるために2~5年ごとに部署や職種の異動を行っているところもありますが、だからといって、いくらでも潰しの利く人材に育つとは限りません。

むしろ、本当に小さな中小企業で、何でも屋のごとく働くことで、自分で起業ができるくらいの実力を身に付けることができます。中小企業は、とにかく人手と時間が不足しているところが大半です。

社員は、限られた時間と人材の中で、効率よく業務を進め、雑用をやりながら、いかに利益を生み出せるか、エンドユーザーに求められている製品開発をするか、部下の育成や銀行対応、取引先に頭を下げる時のコツを習得していきます。

勤めていくにつれ、一人に任される裁量権も大きくなり、あまりの忙しさに目先の仕事をこなすばかりになることもありますが、一人一人が管理職や役員、社長になった気持ちで仕事を進めることで、得るものが増えていきます。

中小企業でも大企業の昇級システムを見習って年功序列の色が強いところがありますが、周りから、能力や人柄が買われて、早い段階で管理職・役員になる場合もあります。

 

組織の意思決定がはやく、たくさんの経験をつめる


中小企業は社員の数が少ない分、経営陣や上司との距離が近いことが魅力でしょう。大企業の一つの課や部署が会社になった感じです。これは、アピールすることで眼に留めてもらえる機会があるということ。

自分のアイデアやスキルを提案したいという人には、実力を発揮するチャンスが多いですしょう。自分の企画が認められれば、プロジェクトとして発足することになります。

任される案件も多いため、とにかく場数を踏むことができます。周りとの均衡もありますが、新しいことを提案できたり、自分の頑張りが業績に直結するなど、評価がされやすい傾向があります。

 

チームワークを大切にしたい気持ちが強い


中小企業の場合、転勤や部署の異動がなかったりすることから、自然とチームワークを大切にする気持ちが強くなります。

中にはお局様のような厄介な社員も存在ますが、基本的には社員が少ないからこそのコミュニケーションの取り方や、付き合い方があります。

また、部署間の垣根も低く、横断的に仕事に携われることも。中小企業の場合は、大企業と異なり、トップや創業者の考え方が社風や企業文化に反映される傾向が強いです。

自分の考え方に合うところであれば、満足度も高まることでしょう。

 

大企業で働くデメリット

 

優秀なライバルが多い


大企業は新卒・中途に関わらず、学歴やスキルなど、優秀な人材が集まります。入社後に研修制度はあるものの、優秀なライバルたちとの差をつけることは容易ではありません。

同期だけではなく、後輩や中途採用者に先を越されてしまうことも。大企業は社員の数が多いことから、出世や管理職になるまで時間がかかります。

中には派閥問題もあり、派閥に入っても入らなくても会社生活に影響を及ぼすこともあります。その点、中小企業は人間関係が見渡しやすく、キーマンを見つけてしまえば、うまく立ち回れることも。

 

規模が大きく、個人の実績が見えづらい


大企業は、評価制度に一定のガイドラインを設けていることが多いです。これは、公平性をもった評価をという会社の姿勢としては素晴らしいですが、会社全体から見た場合、一人ひとりの実績が見えづらく、人事評価に結びつかないことがあります。

直属の上司が人事を行う場合は、また変わってくるかもしれませんが、全ての人にあてはまることでもありません。

反対に、中小企業は、誰が何の業務を行っているか見えやすいところがあります。

また、着手している業務が、利益に直結しなくとも、社内のシステムを効率化させた、面倒臭い顧客を懐柔した、などどいったことをアピールすることで、個人の実績としての評価対象になることも。

 

会社のシステムができあがっている


大企業は、社員の数をはじめ、関わる人間が多いことから、事業を迅速に進めるためのシステムができあがっています。結果、稟議が多すぎたり、融通が利かないなどの弊害が発生することも。

また、システムとは別に、社内政治・調整を行う人数も、考えて行わなければなりません。その点、中小企業の場合は根回しをしなければならない相手や人数を早めに知ることができます。

加えて、自分の仕事が社会のどの部分に関係し反映されているのか、貢献しているのかが見えづらいという点もあります。

 

中小企業で働くデメリット

 

給与や労働条件は業績次第


給与や労働条件は企業によって異なるので一概にはできませんが、一般的に、同じ業務であっても大企業と比べると低くなる傾向があります。また、ボーナスや昇給は会社の業績次第なので、ない年もある、ということも頭に入れておかなければなりません。

さらに、中小企業の場合、人事や賃金制度、企業コンプライアンスの意識が社員に浸透していないことがあります。中には、就業規則が経営層や管理職に浸透しておらず、有給が取得しづらかったり、毎日サービス残業があったりと、トラブルになることが。

福利厚生に関しても、働きやすい環境づくりに取り組んでいる中小企業もありますが、各種手当の充実など大企業と比べると圧倒的に少なく、結果的に年収が下がってしまったということも。

ただ、福利厚生でカバーできない分、残業はさせない、休みはしっかりと取ってもらう、などど工夫をしているところもあります。

 

とにかく頭を下げることが増える


中小企業では、大企業の時と異なり、付き合う取引先の水準に差があり、優遇されることが多くありません。

取引先の納期の遅れがあったり、品質が悪い物や不良品が送られてきたり、電話先で横柄な態度を取られたり。

また、その対応をするために、どうしても建前上、頭を下げることが増えていきます。

大企業の時は、電話1本で仕事の依頼ができたのに、中小企業では、管理職が菓子折りを持って、頭を下げ、仕事を下さい、という下出下出の対応が求められたりします。

 

社内の人間関係でトラブルになると厄介


大企業の場合は、営業所や部署の数も多く、人間関係のトラブルに見舞われた場合、異動の希望を出すことができますが、中小企業では、そもそも異動できる部署がない、配置転換がない、ということがあります。

そのため、中小企業では人間関係で大きなトラブルが起きた場合、当事者同士のどちらかが大人の対応をしなければならないことや、孤立してしまうことがあります。

 

よくある大企業から中小企業へ転職した人の成功例

 

成功例1(20代後半・女性)


私は20代後半に、従業員が何十万人といる大企業から、従業員50人程度の中小企業に転職しました。

大企業での業務は、購買・資材調達。毎日、発注者と受注者の連絡調整に振り回される毎日で、付き合い残業も多く、主体的に業務を行うことができない部署にいました。

また、入社1年目で、まさかの転勤を命じられ、知らない土地で、会社の寮に入り、毎日、会社と寮を往復する日々。寮に帰っても、仕事の延長という感覚が残り、気が抜けませんでした。

転職を決意したのは、2度目の転勤の可能性が出てきた時。転職の条件は、転勤がないこと、寮に入らなくていいこと、自分のペースで仕事を進められ、自分の時間をとれることでした。

幸い、希望の条件の中小企業に入社できました。業務内容は専門を生かした事務職。昇給はある年と、ない年があり、ボーナスと残業代の支給は業績次第。

生涯年収を考えたら、大分、減額になりましたが、毎日定時退社ができ、産休・時短勤務をしている女性社員がいたことが、私には魅力的でした。

また、中途採用者が多いからか、大企業にありがちな、先輩・後輩の主従関係もなく、ストレスもなくなりました。

 

成功例2(40代前半・男性)


私は40代前半で、従業員数1000人程度の企業から、社員が120名程度の中小企業に転職をしました。

大企業では、部の統括をしていました。しかし、私の周りは優秀な社員が多かったことから、統轄になった時点で、ある程度、自分の社内での出世や給与・昇給が見えており、もう定年まで、どのように会社生活を消化していくか、ということを考えていました。

そんな時、40歳になる手前の部下が、中小企業に転職をしていきました。それを切っ掛けに、私も自分の専門や職種をベースに、転職を考えようと思い活動を開始しました。

転職に求めた条件は、自分の裁量で仕事を進めることができる会社、売上に関係なく個人の実績が評価されること、でした。幸い家族も賛同してくれ、同年収で転職をすることができました。

はじめは小さな人間関係に慣れることが大変でしたが、社長と上長との距離が近く、利益に繋がることであれば、すぐに決裁が下りることに、仕事を進めるにあたりスムーズさを感じました。大企業の時は、プロジェクト開始にあたり、内部の根回しに金も時間もかかっていたからです。

また、自分の考えが反映されやすく、自分の裁量で仕事を進めることができることは、私の性格に合っていました。おかげさまで、新規事業の立ち上げにも関わることができ、残業や休日出勤も増えましたが、以前とはモチベーションが違うので、楽しく乗り越えられそうです。

小さな会社なので、中途採用の私に対して、社内から嫉妬がないわけではありませんが、幸い会長と社長、上長が私を気に入ってくれていることや、自分の実力と結果次第で、利益を追求できることに良さを感じています 役員でなくても、社内システム作りに関わっていけることもメリットです。

 

よくある大企業から中小企業へ転職した人の失敗例

 

失敗例1(30代前半・女性)


今、まさに経営危機で世間を賑わせている大企業から、従業員15名程度の中小企業に転職をした者です。中小企業は家族経営ではありません。

大企業には、将来の安定と、専門を生かすということで入社をしました。しかし、大企業ならではの歯車感や、関わる人数が多いが故の無駄な残業(月に1~2回は会社に宿泊もしていました)、社内に家庭と子どもを持ち、出世している女性のモデルケースがいなかったことから、転職を希望しました。

希望条件は、自分で主体的に業務を進められること、女性でも結婚後も出世できる組織であることでした。

幸い、結婚して子育てをしながら部長職を得ている50代の女性がいる中小企業に採用が決まりました。

業種・職種は未経験、年収も100万ほど下がりましたが、時短勤務をしている先輩がいたり、憧れの定時退社、職種の専門性も高められるところが魅力でした。

が、実は、この会社はとんでもないところでした。

先輩たちは皆、少数精鋭で仕事もでき、優秀だったのですが、社長は絵に描いたようなワンマン。また、部長職の女性に至っては、月の3分の1は出社せず、出社しても男性社員に媚びを売るだけで仕事をしないし、トラブルの責任を全くとらない。

取引先は女性蔑視をし、ワンマン社長に対する不信感でクレームが絶えず…就業規則もあってないようなものでした。

社長の一声で業務内容が変わることは日常茶飯事で、社員に対するモラハラもひどいものでした。先輩たちは、常に社長と部長の標的にならないように気を張っており、疲れ暗い顔をし、自分を抑え込んでいるように見えました。

私の場合は、中間管理職の先輩が良い方で、ワンマン社長や部長からの無茶からチームを守り、業務を進めていてくれていたので、火の粉をかぶることはありませんでしたが、社長と部長が、時短勤務をしていた女性2名を「子持ちの社員はお荷物」と言い、解雇したことをきっかけに、試用期間中に退職を決意しました。

後から聞いた話だと、社員の定着率が、とても悪い会社とのこと。中小企業の場合、事前の評判を入手することが難しく、入ってみないと分からない、というところに転職の難しさを感じました。

 

失敗例2(30代後半・男性)


私は、もともと国の関係団体で仕事をしていましたが、社員数が多いことや、国の下請け機関である感じが抜け切れず、自分の裁量をもって働ける組織への転職希望していました。

そんな中、社会貢献ができ、裁量をもって働けるという中小企業に就職が決まりました。職員数は30人程度。社長はワンマンな気質でしたが、役職関係なく職員の話を良く聞き、経営センスもある方だったので、うまく付き合っていけばいいと気軽に考えていました。

ただ、しばらく勤めていて、ある問題に気が付きました。それは、組織の中に、自分の会社のやり方しか知らず、他の会社には他の会社のやり方があるということを認めない職員が半数いたことでした。

彼らは新卒で入社をしており、業務効率の改善を提案しても、今までのやり方に固執し、取引先や顧客から、不満の声が上がっていました。

幸い職員の半数は、中途採用者で社長からも気に入られていたのですが、社長も細かい業務まで把握しているわけではなく、実際には古いやり方でしか対応を進められず…端から見ても、IT化も遅れており、時代から遅れているが故に、顧客が離れていることが明確になっているにもかかわらず、自分達のやり方は正しいと思いこんでシステムを変えられない職員が大半。

結果、だんだん下請けのような仕事も増えてきてしまって、これでは大企業の一つの課や部と変わらないと思い、社長や仕事内容は気に入っていたのですが、すぐに転職を決めました。

 

ブラック企業にご注意を


中小企業への転職は、企業の数が多いことから選択肢も増え、チャンスも広がりますが、「転職をして見たら、自分が求めているものと違った」「ワンマン社長がいるブラック企業だった」ということも。

ブラック企業だけには捕まっていはいけません。万が一、ブラック企業に入社してしまい、精神や身体を害すると回復までに長い時間がかかります。

職種や雇用条件だけではなく、転職を希望する会社が、自分にとって良い転職先であるかどうか、面接時のメール対応や態度などから読み取ることが重要です。

社員の定着率はもちろん、社内の活気、社長の社員に対する態度、社員の社長に対する態度、周囲の評判。 例え、面接で残業はない、と言われても、同席している管理職や、オフィスの社員達の顔色が悪ければ、終業時間後に電話をしたり、外からオフィスを見に行くなどしても良いでそう。

一見、ブラック企業という印象を受けても、面接で社長や管理職を話をしていて、一緒に働きたいと感じたのであれば問題はないでしょうが、少しでも違和感を感じたら、再度検討をすることをお勧めします。

ブラック企業は、当然のことながら、社員の離職率が高く、常に戦力不足です。

このような会社は、ミスも増え、そのカバーで更に過酷な労働環境に。事業の業績も悪化しやすいため、倒産リスクも高まります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、大企業と中小企業に勤めた時の、それぞれのメリット・デメリットについて紹介しました。ここには、どちらにもメリット・デメリットがあり、どちらに就職をしたから良い、ということはありません。

転職は、企業が求めるスキルがあれば可能です。2018年現在、多くの企業が人手不足のため、売り手市場となっています。

働くあなた自身にとって、どのような働き方が合っているのか、価値観や活躍の機会、個人的な向き不向きなど、しっかりと自己分析を行ったうえで、判断されることをお勧めします。