アルバイト・転職Journal@scholarlyoa

アルバイト・転職についてのアンケート結果や統計調査報告のバイト・転職Journal Publisherです。

ベテラン面接官が解説!転職の面接で「現在の年収はいくらですか、希望の年収はいくらですか」と質問された時の答え方

質問の企業側の意図


現在の年収の内訳と、最終的な意思決定ポイントの確認となります。

現在の年収は、残業をどれくらい含んだものなのか、住宅手当などの手当ては出ているのか、実労働に対する収入がどの程度なのかなどを確認しています。

また、それに対しての満足度を図る意図として希望年収を確認しています。自社がどのくらいであれば出せるのかを考えながら、オファーを出した際にどういう反応をしそうかを考えています。日系企業であれば多くの場合は社会人歴をなどの条件を踏まえて年収が決定します。

言い換えると、企業によって出せる年収の幅が決まっているということです。そのためご自身に提示される年収は面接前に人事は大体把握しています。

その年収と希望年収との乖離がどのくらいあるのかを確認する作業となります。

もし希望と提示予定額が大きく離れている場合は「このオファーを出しても年収面が折り合わない可能性が高そうなので他の方に内定を出そう」といった判断をすることもあります。

 

質問に対する答えの作り方

合否にも直結するようなデリケートな質問ですので細心の注意を払って答えましょう。

ポイントは二つ。

一つ目は自分の希望をしっかりと伝えることです。現在の年収から下げたくない・下げられない、その企業に入社できるのであれば下がってしまっても問題ない、年収が上がらないのであれば転職する必要はない、など様々ありますのでご自身の転職理由と合わせてまずはご自身がどうしたいのかをしっかりとまとめておいてください。

二つ目は相手方の相場を把握しておくこと。四季報やインターネットなどを確認すれば大枠の年収レンジは把握できるかと思います。そこと大きくずれた額を希望額として提示するとそれを理由にお見送りとなる可能性もありますので、事前のチェックはしっかりと行いましょう。

上記の2点を総合してどう打ち出していくのかを事前にしっかりと検討しておきましょう。受け答えの内容のよっては非常にマイナスに映ることもありますので。

 

回答例

「現在の年収は500万円です。希望については少なくとも現状維持を希望します。」

「現在の年収は500万円です。貴社の業務内容には非常に魅力を感じておりますので、入社できるのであれば450万円までであれば下がっても問題ありません。」

「現在の年収は500万円です。今回の転職では子供が生まれたことを背景とした年収UPですので、少なくと550万円を希望しています。」