アルバイト・転職Journal@scholarlyoa

アルバイト・転職についてのアンケート結果や統計調査報告のバイト・転職Journal Publisherです。

ベテラン面接官が解説!転職の面接で「入社可能時期はいつですか」と質問された時の答え方

質問の企業側の意図


入社可能時期を確認することで社内での受け入れ態勢を検討するための質問です。

また、面接での印象がよくほかの会社を検討していないかなど自社への入社の可能性を探るための質問でもあります。

こちらの質問を投げかけることで退職を意識させ自社に入社してもらうことへ誘導する意味も若干ではありますがあります。勤めている会社によっては、社内の労働規定によって1か月前までに退職を告げなければならないルールなどがあり退職までに時間がかかるケースも存在します。そのため、どのくらいの時間を待てば入社できるのかを面接官側としては知りたいと考えています。

また、退職可能時期がいつなのかを確認するのと同時に、その入社の時期が自社の繁忙期に重なるのかどうかなどを考え、どのタイミングで研修を終えてどのタイミングで業務を任せるかなど実際の業務に軌道に乗せるためのシミュレーションを行っています。

この質問が出るということはそれまでの面接の中で志望度合いに関する質問が既に出ているケースが想定されますが、この質問を投げかけることで最後にもう一度志望の度合いを確認するという意図もあります。

 

質問に対する答えの作り方

まずはご自身がいつ退職できるのかを社内規定などを確認してはっきりさせておきましょう。

通常は、退職を上司に伝えてから1か月後の退職が目安ですが、引き留めや引継ぎなどによっては先に延びてしまうこともあるでしょう。

また有休消化の時間も必要かと思います。その際はそこからさらに1か月など有休の日数分によってプラスされていきます。有休を諦めかつ迷惑をかけずに退職するのであれば、退職を伝えてから1か月。それに有休をどれだけ消化するかで入社可能時期が決まってきます。有休を消化したい場合は、その旨をそのままお伝えいただいても構いませんが「有休使って遊びに行くのかな?そんなに志望度高くないのかな?」と勘繰られる可能性がありますので、引継ぎに時間がかかるためといった別の理由で入社までに時間がかかる旨をお伝えください。

長距離の引っ越しなどが必要な場合は有休をうまく使って調整いただくとよいかと思います。

また、志望度が高い会社についてはこの質問への回答の際にそこもやんわりとアピールいただいてもよいかと思います。

もちろんそれ以前の質問でしっかりとお伝えできているのであれば、ここでお伝えすることでしつこい印象を与えてしまいますので、面接全体の流れや印象を踏まえてお伝えするかどうかをご判断ください。

 

回答例

「2か月後の11月1日からもしくは11月15日から勤務が可能です。内定をいただいてからすぐに退職の旨を現職に伝えて、引継ぎなどで約1か月、引っ越しや身辺整理で1か月必要となりますので、2か月後が目安になるかと思います。もう少し早めることは可能ですが、家族を含めての引っ越しですので猶予を頂けると大変助かります。」

「現在、前職をすでに退職しておりますのですぐにでも勤務可能です。御社については志望度が高くぜひ入社したいと考えておりますので、内定をいただけた際には現在受けている他社をお断りして御社に決めたいと思っております。是非前向きにご検討いただければと思います。」