アルバイト・転職Journal@scholarlyoa

アルバイト・転職についてのアンケート結果や統計調査報告のバイト・転職Journal Publisherです。

ベテラン面接官が解説!転職の面接で志望理由を質問された時の答え方

質問の企業側の意図


こちらの質問は企業が最も気にする質問の一つです。

どの程度企業のことを理解しいるのかを確認する意図があります。ただの憧れやイメージで考えていないかということや、入社した後にも頑張れる素地や理由があるかどうかの確認です。

業務経験がどれだけ生かせるのかや、企業自体のスタンスがどういったものであるのかを確認する意図があります。

また、この志望理由がしっかりしているほど、入社への意欲が高い可能性があり入社後の活躍を期待できる傾向があります。口先だけではなく、本当に入社したいと思っているのかを確認する重要な質問です。

 

質問に対する答えの作り方

ご自身の経験や想いとの「共通点」を探しましょう。

これまでの営業経験が生かせる、理念に大変共感できる、一緒に業務を行う中でスタンスに感銘を受けたなど実体験と志望企業をつなげるなにかを見つけられると話しやすいかと思います。

こちらの質問については、企業ごとに考える必要がありますので使いまわしは厳禁です。

また、一次面接時の志望の理由と、それ以降の面接での志望の理由に変化をつけてください。一次面接時点では、HPからの情報などをしっかりと調べてその中からご自身の言葉で志望理由を語ってください。

二次面接以降は、それまでの面接で得た情報や感じたことを必ず盛り込んで志望理由をアップデートしてください。

 

回答例

「業務上御社の社員さんとともに業務を行うことがございました。業務を共に行う中で自社とは異なる視点でお客様対応をされていたのを拝見し、企業としてのスタンスや仕事の仕方に非常に感銘を受けましたので志望しています。」

「企業理念である「お客様の立場に立って」という点にひかれて志望しておったのですが、一次面接を受けた際にお話しいただいた営業担当の方の働き方がまさにその通りで、社員にしっかりとその理念が浸透している点からさらに御社への志望の度合いを高まりました。」