アルバイト・転職Journal@scholarlyoa

アルバイト・転職についてのアンケート結果や統計調査報告のバイト・転職Journal Publisherです。

ベテラン面接官が解説!転職の面接で「残業や休日出勤は大丈夫ですか」と質問された時の答え方

質問の企業側の意図


まず、どのくらいの意欲で働くことができるのかの確認の意図があります。特に成長中の企業であれば業務は多岐にわたり業務量も多いことが想定されます。

そのような中でどの程度の意思をもって業務に臨んでくれそうかの確認するための質問です。

また、業務の形態上、残業が発生したり休日出勤をせざるを得ない場合もあります。面接段階でそちらを確認することで入社後のギャップをなくしたいという狙いがあります。

まっとうな企業であれば、残業や休日出勤をさせたいという意図ではなく、全くないということはありませんが大丈夫でしょうか?大丈夫であればどの程度まで可能でしょうか?というニュアンスで聞いてくる質問だと考えてください。

一方、俗にいうブラック企業ですと本当に長く働かせようとしてこの質問を投げかけている場合もあります。長時間労働に対して不満が出た際に「面接の際に大丈夫って言いましたよね?面接でうそをついたということですか?」といった言質をとるためにこの質問をしているケースもあります。

 

質問に対する答えの作り方

本心としてどのくらいまでであれば大丈夫かを整理しておいてください。

その際に基準となるのは、今の仕事あるいは以前の仕事での残業時間や休日出勤の実態です。

そもそもの転職理由がそういったものを改善したいということであればこの質問についてははっきりと意思を示す必要があります。

内定をもらうという観点でいれば、「大丈夫です!」と回答するのが模範解答ではありますが、入社して長く働くという本来のゴールを達成するのであれば本音の部分をしっかりとお話しください。そちらの方が双方にとって有益な結果となる可能性が高いです。

また、聞けるチャンスがあれば「御社はどの程度残業や休日出勤はありますでしょうか?」とお聞きしてみてもよいかもしれません。

これは、残業が多かったらいやだなというニュアンスではなく、事実としてどの程度あるのかを事前に確認しておきたいという前向きなニュアンスをきちんとお伝えいただき誤解を与えないようにご注意ください。

 

回答例

「残業や休日出勤については程度にもよりますが問題ないと考えております。現在の職場でも月に50~60時間程度の残業はありますし、月に1~2回程度は休日出勤をしております。そのため、その程度であれば全く問題ありません。お客様の状況や自社の状況で発生するものだと考えておりますので、それに合わせてできる限り対応したいと考えております。」

「今回の転職の一つの条件として残業時間の減少というものがあります。現在月に100時間を超える残業を毎月のように行っており、それによる疲れなどからそもそも本業自体にも力が入らないという本末転倒な状況がおきてしまっていますので、それを改善したいと考えております。逆に、それが実現できるのであれば多少の残業は問題ないと考えております。」