アルバイト・転職Journal@scholarlyoa

アルバイト・転職についてのアンケート結果や統計調査報告のバイト・転職Journal Publisherです。

ベテラン面接官が解説!転職の面接でリストラされた人がよく聞かれる質問の答え方

リストラされた理由は、何でしたでしょうか?

 

質問の企業側の意図

この質問がここまでストレートに聞かれることはあまりないと思いますが、面接官としては非常に気になる点の確認となります。

こちらの質問は、リストラされたという事実を人事側が知っていなければ出てこない質問です。

ご自身が履歴書などに書いた、面接でその旨をお話された、特定の会社がリストラを行いそのことを人事が知っていた、などのケースです。

なぜリストラされたのかその理由によっては採用を吟味しなければなりませんし、そのこと自体をご自身がどこまで納得さているのかによって入社後の活躍に支障が出てきますので、デリケートな質問ではありますが面接官としては非常に気になる質問です。

 

質問に対する答えの作り方

答え方も非常に難しい質問となります。そもそもリストラというのは「再構築」という意味がありますので決して悪い意味ではありません。

ただそこに人員削減や退職が絡んできますのでイメージ的にリストラされたというと良い印象を与えることは多くはないでしょう。

そのため、お答えいただく際には、事情をしっかりとお話ししてあくまで会社都合であったことをご説明下さい。事業縮小によるもので不可抗力であったこと、ご自身としては頑張って続けていきたいと思っていたが、年齢要件などで対象となってしまったこと、などです。

起きてしまった事実は変えようがありませんので、その背景や理由をしっかりとお話していき、自分には非がないことを説明しましょう。

 

回答例

「事業縮小のための人員整理となります。その中で年齢要件や部署の在籍年数などから私はその対象となってしまいました。ずっと勤めてきた会社ですのでこれからも働いていきたいと考えておりましたが、会社側の決定ということで辞めざるをえない状況となってしまいました。」

 

リストラされた経験を、ご自身ではどう捉えていますか?

 

質問の企業側の意図

先の質問と同様に、なぜリストラされたのか、それをどう理解したのかを確認しています。

上記に記載した通り、リストラというのは会社側の都合で行われることがほとんどです。ただ、その対象となったご自身のお気持ちはあまり良いものではないかと思います。

そんな中でもその事実をどう受け止め、今後どうしていこうと思っているのかを確認し、ご自身のお人柄を確認する意図があります。

後ろ向きな感じをどう前向きにしたのか、あるいはその後ろ向きな感情がどのくらい残っているのかをこの質問で明らかにしたいと考えています。

 

質問に対する答えの作り方

リストラに関して後ろ向きな感情がなかった方はほとんどいらっしゃらなかったのではと推察します。

ですので、そういった感情があるのであればそこはしっかりと表現しましょう。ただ、それを表現した後にどう前向きに考えることができたのかの方が大切ですので、ご自身が転職の面接に行ってみようと思われた理由や、具体的な行動をしてみようと思って実際に動いている事実をお話ししていきましょう。

家族を養うために、生活のためになども立派な理由です。

 

回答例

「リストラの対象となってしまったことは正直大変なショックではありました。言い渡された際は頭が真っ白になりました。ただ、家族を養っていく必要がありますので、くよくよしてるヒマがあまりなかったというところもあります。事実は辛いものではありましたが、これから頑張ることで未来を明るくしていきいたいと考え、このように転職活動に励んでいるところです。」