アルバイト・転職Journal@scholarlyoa

アルバイト・転職についてのアンケート結果や統計調査報告のバイト・転職Journal Publisherです。

アルバイトの研修期間とは?!研修内容を職種別に詳しく解説!!

アルバイトに採用されたときに、研修期間や試用期間(見習い期間)がほとんどの人が経験されているはずです。なかには、教える人も時間も無いからすぐ働きながら覚えてと言われる職場も存在はします。

しかし大半のバイトでは研修期間や試用期間などがありますので、実際にどんなことを学んで実際にその期間内での決まり事などを簡単にではありますがまとめていますのでご紹介します。

研修期間ってなんだっけ?

アルバイトによる研修期間とは、実際に現場の職場に立った際に一人で作業業務できるまでの教育実習と定めている場合があります。教える人手や時間が無ければ即現場で働きながら覚えさせられることもあります。

ちゃんとしている職場であれば、研修制度や研修ノウハウもしっかりしているので、すぐに現場で働かせてもらうことも可能です。 やはり、いきなり職場に採用された何もできない新人バイトを現場で教えていたら、その教える人の仕事業務も奪ってしまうことになり会社全体の業務低下になるのです。

そうならないために、事前に新しく入るバイトには、集まってもらいまとめてグループ教育したほうが効率が良く仕事に関することを習得できるのです。

なかには、新人のバイトが経験者有りだったり資格保持者などである一定のスキルが身についていたりすれば、他の人とのスキル経験が違いすぎるので、一人ひとりにあった仕事業務の教育を受けてもらうこともあります。

 

研修期間中に見られる特徴をまとめました

採用が決まり研修期間がはじまると、面談時とは違う条件面が、多少違う部分として出てくることもあるでしょう

採用される側としたらすぐに即戦力とならないので、待遇面に関して低くなることも理解しますが、実際にどのような感じになるのかをまとめてご紹介します。実際に一人前として働けるまでに教育研修が必要なのがわかります。

 

研修期間はどの位の期間行うの?

アルバイトの研修期間は、雇われた職場などによって変わってきますが、だいたいの職場で短いと2週間で、長いところでは3か月から半年というところもあります。

スーパーやコンビニのアルバイトスタッフさんの胸元に研修中と書かれたネームプレートを見ることがありますが、1か月以上も付けているのを見かけることはほとんどありません。

しかし、通常の研修期間だけでは、習得できない人もいますのでその場合は、その人だけ研修期間が延びる可能性もあります。できれば研修期間内に、現場に一人で立てるくらいの習得が出来ればそれに超したことはありません。

しかしなかには、まだ職場には立たせられないなどの理由で、研修期間の延期を求められこともありますので、その際には雇用主と働く側のお互いの納得した承認が必要になってきます。勝手に研修期間の延長を決めてはいけないのです。

 

研修中はタダ働きのところなんてあるの?

研修期間の間は賃金は支払われるよう労働基準法にも定められています。もし給料日になって、研修期間の賃金が払われていないようであれば、上司や担当者に一度相談されてみてください。

なかには、面談の際に研修期間中は賃金支払いはありませんと言われるかも知れませんが、実際には支払わいといけなく違法行為に当たることになります。 未だに凡例として、支払われないことが全国的にごくたまにあるようです。

バイトではありませんが直近でもこのようなバズっているツイートがあるほど深刻です。

研修期間はあくまで働かせおらず勉強させている説明会みたいなものだと言う認識の経営者や会社はまだあるようです。 また、支払いについてもめると何かと理由をつけて、職場を理由もなくクビにしたり、悪意ある嫌がらせをして辞めるように仕向けることもあります。

そんなときは近くの管轄の労働局や弁護士などの無料相談などに頼ってみるのも一つの方法ではあります。 面談の際に聞きづらいかも知れませんが、研修期間も賃金の支払いについて聞いておいたほうが良いかもしれません。

 

研修期間中に自分から辞めたら給料はもらえない?

バイトの研修期間中にやむを得ない理由により辞めるときに給料はもらえるのかが心配になりますが、そこは実際に働いていなくても時間的拘束を受けて研修しているので、労働基準法の適用対象となりもらえる権利はあります。 なかには、支払わない雇い主もいるようなので、面談の際に確認しておくのも一つの手であります。

 

研修期間中にクビと言われないようにするには?

研修期間中にまだ職場に立たせてももらってないのに、いきなり何の理由もなくクビと言われることがあるようです。 しかし、特別な理由が無い限りは辞めさせられる理由にはなりません。よくある事例として、下記のようなことがあります。

  • 研修期間中の態度を見ていたがどう見ても当社とは合いそうにない
  • 無遅刻無欠席や一般としてのマナーの欠如が頻繁に著しい
  • 履歴書や面談の内容と違うことが分かった

雇う側は、正当な理由があれば辞めさせることはできますが、それでも通常の解雇通知と同じで、30日前までに告知することが義務付けられています。一部の例外として、試用期間の場合は、14日間以内であれば事前告知無くても辞めさせることは可能となっています。

採用された側としたら、簡単に辞めさせることはできないことと、もう受かってしまった安心感からか緊張感が抜けてしまい、遅刻したり休みが多くなったり態度が採用前と違うと言ったこともありますので、日頃から研修期間としても気持ちを引き締めておくようにしましょう。

 

いろいろな職種の研修内容まとめ

いろいろな職種がありますが、実際は同じ職種としても会社ごとによって決まりやルールが変わってきますので、研修内容も基本的な部分は似ていますが細かない内容については、参考にまとめていますのでざっくりとご覧ください。

 

コンビニは覚えることが多すぎるので頑張ろう

コンビニエンスストアでの研修内容は意外と、業務は多岐に亘って覚えることがたくさんあります。ふつうの買い物客が目にするコンビニスタッフの行動と言えば、レジ打ちや商品の品出しや清掃などがイメージに浮かぶのではないでしょうか。

しかし、コンビニの覚えておかないといけないことはたくさんあり、それを研修期間内に一通り習得しなければ、実際に働きはじめたら他のスタッフさんだけでなくお客さんにも迷惑を掛けてしまうことになるのです。 実際に研修内容で覚えないといけないことを挙げてみましたのでご覧ください。

コンビニの大手と言えば、セブンイレブン・ローソン・ファミリーマートが有名どころですが、この3社でも研修で教えていることはだいたい同じ内容になりますが、各コンビニによって細かい部分は変わってきます。

レジでのお金の渡し方によっても、接客のルールに則って渡しますが、コンビニによってお札だけを先に渡すことがあれば、他のコンビニではお札も小銭も一緒に渡したりする違いなどが微妙に違います。 また、マニュアル通りに やり方や 補充などのイメージがほとんどではないでしょうか。

しかし、実際によく思い出すとやっている業務と言えば、公共料金や税金の支払い手続きや、郵便物の受け取りから伝票作成、見えてる商品の品出しだけでなく ・接客サービス まずお客さんあってのコンビニなので、接客サービスが一番にできなければ、他の業務内容が出来てもスタッフとして雇うことは厳しいです。

一人のスタッフの接客態度によってお店またはそのコンビニグループ全体のイメージダウンにも繋がるからです。
現在のコンビニは、レジ内業務、品出しや陳列に加え発注業務、調理方法、接客サービスなど多岐に渡ります。

コンビニについてより詳しく調べたい人はコンビニバイトで学んだ社会の厳しさ10をご覧ください。

 

スーパーマーケットも研修は忙しい?

スーパーマーケットやドラッグストアなどのレジも基本的なことは、コンビニエンスストアのレジ内容と同じになりますが、スーパーマーケットなどは独自のシステムやマニュアル体制を作っていることもあります。

なので多少の違いはあるはずですから、よく転職するときは、スーパーから別の系列のスーパーに転職しても、基本的な業務は一緒なのですぐ現場から働く事も可能になります。

スーパーについてより詳しく調べたい人は【スーパーのバイトまとめ】向き不向きをチェック!経験者によるリアルな口コミ集をご覧ください。

 

郵便局も研修期間にいかに学ぶかが大事

郵便局の研修内容は、部署によってもまた教育実習が変わってきますが、2つに大きく分類すると、内勤の「仕分け」と外勤の「配達」になり基礎の座学部分は一緒になり、乗務訓練は実際に配送任務する人だけが追加で覚えたりします。

郵便局の配達は住所通りに地図を見ながら投函配達するだけの、簡単なイメージがありますが、実際はそうでもなく精神的にも身体的にも負担が掛かる業務なので、研修期間内にいかにちゃんと知識ノウハウを学ぶかが大事になってきます。

研修中には先輩社員が一緒に、配達するときのちょっとしたコツを教えてくれたり配達する上での運転技術や配達先でのお客さんとの接客マナーも学び、郵便物にもお客さんにも失礼がないように気を使わなければなりません。

研修中にあったトラブル例で、インターンホーンを1回だけ押して、出ようと思ったらすぐに不在票を入れられたり、配達する際の乗り物の単車や自転車から降りらずに、そのまま乗った状態でポストに郵便物を入れようとしてお客さんに見つかって怒られることもあったりしてます。

現場に出ての研修中は絶対に横着なことは控えるようにしましょう。一人の悪い行動が雇った会社自体のイメージになることがありますのでご注意しましょう。

郵便局についてより詳しく調べたい人は経験者が語る!郵便局の配達バイトが教えるここだけの裏事情を紹介をご覧ください!

 

警備員では救命のやり方や護身術も学ぶ?!

警備会社に所属する警備員や交通誘導員・巡回警備員などは、研修よりも講習会に近い形で研修をうけなければなりません。警備員としてはバイトも正規雇用の人も、「警備業法」といわれる法律で定められている決まり事を守らければなりません。

警備員の役目は、建物やモノ以外に人間の安全・管理をしなければならないため、他の業種よりも責任が重くなるため、法律に則った教育指導を研修で教えなければ、現場に出すことはできないのです。

また、コンビニやスーパーなどで高校生でも働くことは可能ですが、警備員などは、18歳以上でないといけないと厳しく制限されていることにも注意されてください。

ごくたまに、簡単に働きたいからと、年齢詐称して入ろうとする事例がありますが、すぐにばれることなのでそのような行為は辞めるようにしましょう。では、実際にどんなことを研修内容でしているかと言えば、誘導の仕方・救命救急講習や護身術なども基礎的なことですが学びます。

他にも、警備員は関連する法令も座学講習で学ぶこともありますので、ただ単に立って交通誘導しているだけではないことが理解できるでしょう。

警備員について詳しく知りたい場合は稼ぎたいなら警備員のバイト!仕事内容や勤務先例を紹介をご覧ください!

 

いまや人手はあればあるほど嬉しいプログラマーは正社員でも一から教えています

プログラマーとは、コンピュータを動かすプログラミング言語を人間の指令でプログラムする職種になります。まずプログラマーになるためには、プログラミング言語を理解していなければならず、基本は採用されている時点で、何個かの言語を習得や経験されている人を雇用します。

しかし、かなりスキル高い人もいれば、まだ学生卒業したばかりの人や畑違いの職種からの転職などの人もいたりするので、プログラマーの仕事に就く前に、一通りの研修を受けることがほとんどの会社で義務付けられています。

よく思われるのが、1人で全てを開発をするようなイメージを持たれますが、実際は会社の同僚などとグループを作りみんなで企画から設計・開発していきます。そのためには、研修においてコミュニケーションスキルの体験や、問題解決の工程をみんなで出し合ってグループの連携を養っていくこともあります。

 

ガソリンスタンドのバイトについて

車を使っている人が必ず利用するガソリンスタンドですが、そのガソリンスタンド店員も研修を受けてから現場に配属する流れになります。以前は、そこまで厳しくなかったのですが、引火による火災や爆発、車両による事故や怪我などが非常に危険と判断され、現在は研修期間を設けてるガソリンスタンドがほとんどです。

研修内容の一番は、ガソリン・石油に対しての危険性を十分に知ってもらい、基礎的な知識を身につけてもらい、何かが起きた際のトラブル回避や危険防止活動などを実習として受けるようになります。

また、ガソリンスタンドでは、車両の点検や整備もできるようになるために、簡単なオイル交換やタイヤ・バッテリー交換に続き、洗車やなかには車検代行の手続きまで覚えないといけないこともあります。そこまで研修するところはありませんが、そこは実際に現場に出てから1つずつ身体で覚えていくことになります。

詳しくはガソリンスタンドのバイトって実際どうなの?元アルバイトの人に聞いてみた!!を要チェックです。

 

受付秘書について

受付秘書のバイトは一言で例えるなら、「会社の顔」になる役割をします。そのためにいろいろな立ち居振る舞いを身につけておかなければ、来訪されるお客さんや営業さんに対して、間違った対応をもししてしまって大きな問題に発展することだってあります。

そうならないように採用が決まったら研修をしっかりと受けなければなりません。受付秘書は、ビジネスオフィスだけでなく、スポーツ系施設や医療福祉系、ホテル・官公庁とどこでも必要な存在になってきます。

受付秘書が研修で学ばなければいけないことはやはり基本的なビジネスマナーからオフィスマナーに日本本来の昔からの作法なども研修先によっては学びます。現在は国際的になってきたこともあり、外国語を取り入れた国際力も身に付ける企業もあるほどです。

また、受付秘書は、心構えや知識だけでなく、身だしなみも大事な1つで、メイク化粧や洋服の着こなし方も一通りの研修を受けることができるので、仕事以外でも私生活でもその教養が役立つことがあります。

絶対にある!と思うな研修期間

研修期間が会社によって違うことがあります。それは、会社や職種によって、する仕事の業務内容に違いがあるので、その違いの知識や技術を研修期間の間に覚えてもらうことがあるからです。

なら研修期間が有る無しの場合はどうかと言えば、基本、大手の企業や公的機関においても研修期間があります。 しかし、小さい個人店や人手が足りない職場などは、実際に職場で教わりながら覚えらさせられてしまうことがあったりします。

事前に、面談の際、研修期間の有無やどんな研修内容を受けるのかを、気になった場合は聞いておきましょう。 面談の際には、研修期間がありますと言われて採用後には、何も無いまま職場で即実践となることもあります。

 

研修期間と試用期間って紛らわしい!違いは?

アルバイトをはじめようと、ネットや求人情報誌などを見るとよく、「研修期間」、「試用期間」という言葉が記載されているのを見かけます。

この研修期間と試用期間はよく同じ意味に捉えられている人もいますが、実はそれぞれに異なる意味を持っているのです。
そんな2つの研修期間と試用期間の違いをまとめてみましたのでご紹介します。

例)
研修期間
職場で、現場に立てる前までの、基礎的なスキルやルールを習得する期間
研修教育を受けるためにグループでのマナー講習を受けたり一人ずつ教育指導あり
最終目的は、現場に教育を受けさせて一人前に業務できるように教育すること

試用期間
雇う企業側が、正式に雇うかどうかを検討するために、試用期間として働きぐあいを経過する期間
実際に働いている人たちと同じ現場に立ちながら業務できる
最終目的は、実際の職場でその人の、仕事ぶりや同僚とのやり取りなどの、今後やっていけそうかの適性判断する期間

「研修期間」と「試用期間」によって取り組む内容や目標が変わってきますが、一人前のバイト生になるまでの準備期間というのは同じことになります。

 

研修期間中に辞めたくなった…どうしたら?

アルバイトはじめて実際に研修期間で数日経ったけど、もう辞めたい…と思った人はたくさんいるでしょう。まず、研修入る前と研修入った後の、仕事内容の想像してたギャップ(違い)や働いている先輩たちとの人間関係が一番の理由に挙げられます。

入ってすぐに辞めてしまうのは、自分の意志が弱いのかせっかく採用してくれた面接担当者に悪いなどの理由から辞めにくいと思ってしまい、なかなか切り出せすぎにどんどん日にちが経ってしまうことがあります。

だらだらと研修期間にどうしようか迷っているうちに、職場に配属されてさらに辞めづらくなることもありますので、辞めるという意志が固まってきたら早めに会社側に退職の意志を伝えるようにしてください。

辞めることが、我慢強さがないとかせっかく採用されたのにすぐ辞めることによる労力などを考えて もう一度、本当に辞めたいかを問いかける時間を自分自身のなかにちゃんと設けることが大切です。

辞めるのは意外と簡単にできますが、続けるのは誰でも難しいものです。 社会ですでに働いている社会人・先輩たちも、研修期間などであったつらいことやきついことを経験して、現在につながっているのです。
よく、途中で辞めずに続けてよかったことを聞くとこんな声を聴きます。

  • 最後までやり遂げる自信がついた
  • 途中で放り出すクセが治った
  • 仲間が増えて最後まで頑張れた
  • 研修で学んだマナーやスキルが今の活きている
  • 学ぶ機会を逃していたらその後いつ学べるか分からなかった

などがあります。

 

まとめ

アルバイトで採用が決まり、「研修期間」「試用期間」がお互いに有ったり無かったりしても、仕事が一人前になるための準備期間と捉えて積極的に前向きに頑張ることにより、習得度も早くなったり仕事に対してのモチベーションもかなりグッとあがることでしょう。

「研修期間」「試用期間」で教えている先輩たちも初めは初心者で、その壁を「研修期間」「試用期間」を経て経験し、今の一人前の仕事できる人になるのです。

誠実に仕事に対しても人に対しても接することでより成長できますので、前向きにあせらずに頑張ってください。